TVアニメ『呪術廻戦』深く知りたいエンディングテーマの世界─Co shu Nie「give it back」はなぜ、どの回のエンディングにも溶け合う楽曲になったのか?

TVアニメ『呪術廻戦』深く知りたいエンディングテーマの世界─Co shu Nie「give it back」はなぜ、どの回のエンディングにも溶け合う楽曲になったのか?
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
2020年10月より放送をスタート、現在第2クールの物語が佳境を迎えているTVアニメ『呪術廻戦』。この第2クールでEDテーマを担当しているのが、カオティックかつプレイアビリティの高さを感じさせるアンサンブルで独自の世界観を築く3ピースバンド・Co shu Nie(コシュニエ)だ。EDテーマの「give it back」は、これまで『東京喰種トーキョーグール:re』や『PSYCHO-PASS サイコパス 3』でも知られる彼らのアニメタイアップ作としては初のバラード楽曲。TVアニメ『呪術廻戦』においては、ドラマチックなエンディングアニメーションとともに、毎週のオンエアを美しく締め括っている。

ここではCo shu Nieの3人に、彼らなりのアニメ作品との関わり方と、『呪術廻戦』のために書き下ろしたという「give it back」制作について詳しく話を聞いた。

アニメ作品に寄り添った楽曲作りの楽しさ、素晴らしさ

――Co shu Nieと言えば、メジャーデビューのタイミングから様々なアニメ作品のテーマ曲を担当しています。皆さんはアニメ作品に寄り添った楽曲の制作に、どのような魅力を感じますか?

中村未来 私たちは音楽作りにおいて常に刺激を求めているんですけど、その対象としてアニメはこれ以上ないぐらい素晴らしいものだと思います。自分が常々感じていることや、心の奥深くに眠っていたものについて、改めて気付かせてくれたりもするし。みんなアニメや漫画に触れるなかで、キャラクターに共感したり、自分を投影することがあると思うんですけど、アニメ作品の主題歌を作るときにはそれに近いことを感じますね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リスアニ!WEBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京喰種」に関する記事

「東京喰種」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京喰種」の記事

次に読みたい「東京喰種」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク