【イベントレポート】往年のサンライズアニメ主題歌を65曲一挙応援上映!無発声でも熱気と“シャカシャカ”に満ちた応援上映イベント「おんがく!!~ルネッサンス!主題歌シャカシャカ応援上映編~」レポート
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
サンライズによるアニメの主題歌を劇場で楽しむ応援上映イベント「おんがく!!~ルネッサンス!主題歌シャカシャカ応援上映編~」が、2021年10月9日(土)にTOHOシネマズ 新宿で行われた。

これはサンライズおよびバンダイナムコピクチャーズの上映イベントによる上映イベント「サンライズフェスティバル2021 REGENERATION」の一環として行われたもの。上映されたのは2019年に行われた「おんがく!!~主題歌応援上映編~」と同じ内容ながら、今回はコロナ渦下ということで以前とは異なるレギュレーション――発声禁止となった。

その一方で拍手や手拍子、そして入場時に配布された「マラカスペンライト・情熱」の利用が推奨され、結果的には無発声でも会場は熱気と一体感に包まれていた。38作品・65曲が一気に上映された模様をレポートする。

振るとシャカシャカ鳴る「マラカスペンライト・情熱」。「おんがく!!」の文字はアニメ『銀魂』のサブタイトルの文字などでおなじみ、バンダイナムコピクチャーズの若鍋プロデューサーによるもの。

本イベントはテーマ別の3部構成。オープニングとして早速『カウボーイビバップ』の「Tank!」が上映されると、「第1部:元気に楽しもう~元気なオープニングとしっとりとしたエンディングの虜に~」がスタートする。ここでは1977年の『無敵超人ザンボット3』から1989年の『獣神ライガー』まで、11のロボットアニメのオープニングとエンディングが続々と上映された。