【ライブレポート】愛を歌い続けてきた旅路の果て――茅原実里、“Minori Chihara the Last Live 2021 ~Re:Contact~”ライブレポート。彼女の音楽は色褪せることなく、希望ある未来を描きながら生き続ける
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
2007年、ランティスからアーティストデビューし約15年、声優茅原実里は常に音楽とともにあった。自身が心から愛し、長きにわたって多くの人々から愛されてきた茅原実里の音楽――それが2021年12月26日に開催された“Minori Chihara the Last Live 2021 ~Re:Contact~”をもって、一旦のピリオドが打たれた。2000年代以降のシーンを牽引してきたアーティストとして、そのキャリアを総括する最後のライブで彼女はどんな姿を見せ、そしてどんな形の愛を歌ったのか。感動的なフィナーレ、その模様を徹底レポートする。

茅原実里の音楽という長きにわたる旅の終着点、会場となった神奈川県民ホールは、過去にカウントダウンライブなどが行われた思い出深い場所だ。多くの観客が詰めかけるなか、神秘的なシンセのSEが会場に流れる。一瞬のブレイクのあとに鳴らされたのは、最新作にして活動休止前最後の作品となったミニアルバム『Re:Contact』の冒頭を飾る「Re:Contact」のイントロだ。タイトルにある通り、茅原の2007年の名盤『Contact』の幕開けを連想させるコーラスとストリングスが会場内に満ちていくなか、ステージ上の薄い紗幕の向こう側にはバンド隊=CMB、そしてセンターに立つ茅原のシルエットが映る。そして紗幕が降り、茅原の「みんな!行くよー!」という号令とともにラストライブが幕を開けた。