「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然

「生理がないのが悔しい」TEAM NACS安田顕の役づくりがスゴすぎる! 鈴木亮平も唖然
拡大する(全1枚)
『アクターズ読本』(洋泉社)

NHK連続テレビ小説『花子とアン』でブレイクし、『天皇の料理番』(TBS系)で幅広い層に知名度を上げた俳優の鈴木亮平。甘いマスクと日本人離れした肉体が目を引くが、なにより彼の名を広げたのは、その壮絶な役づくりだ。

 通常は70kgほどの体重だが、見せ場がV字水着姿という映画『HK 変態仮面』に主演した際には、85kgまで増やした後に脂肪だけを落として体脂肪は8%に。病に侵される役を演じた『天皇の料理番』では食事制限で56kgまで落とし、心優しき大男を演じる映画『俺物語!!』では86kgまで増やし、増減は計30kgあまり。

 しかし、その鈴木にブログで「俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」「まさに狂気!もはや殺気!」と言わしめた男がいることをご存じだろうか。近年、多くのドラマや映画に引っ張りだこの男――演劇ユニット「TEAM NACS」の安田顕、彼こそが鈴木を圧倒した俳優なのだ。

 安田といえば、大泉洋を全国区に広めたローカル番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)の"準レギュラー"として、数々の伝説を生みだした"奇跡を呼ぶ男"。テレビ番組にもかかわらず早食い対決で牛乳を「大リバース」したり、同局マスコットの「onちゃん」として着ぐるみをかぶって出演していたはずが、いつの間にか着ぐるみの顔部分を外して煙草を吸っている瞬間をカメラに撮られたり。『鈴井の巣』(同)という番組では、包茎手術を受ける一部始終を放送するなど、端正な顔立ちと、残念な中身のギャップで熱烈なファンをつかんでいる。

 もちろん、ファンが支持しているのはたしかな演技力があってのこと。鈴木の体重増減のように"数字"として表せるものではないが、安田の役づくりは愚直なほどの役にのめりこむ彼の姿勢にあるのだ。

 たとえば、TEAM NACSの舞台『COMPOSER~響き続ける旋律の調べ』でモーツアルトの亡霊を演じた際には、幽霊なのに色黒なのは変だと考え、日焼け対策を徹底し、青白いほどの白さを死守。さらには眉毛を勝手に剃り落し、事務所からお灸を据えられたという逸話を持つ。

 最近出版された『アクターズ読本』(洋泉社)のインタビューでは、自らの役づくりについて語っているのだが、そのエピソードもすごい。そこで安田は、映画『小川町セレナーデ』、一人舞台『ひとり語り』、そしてドラマ『問題のあるレストラン』と立て続けに女形を演じた時期を振り返っている。『小川町~』ではオカマのショーダンサーを演じるため毎日のようにムダ毛を剃り、すっかり習慣化したことを明かしている。さらに『問題のある~』では女装好きなゲイを演じたのだが、あまりに役にのめりこんだためか、「最後のほうは、自分に生理がないことが悔しかった。着替えでブラジャーするときなんか、『自分の乳首には価値があるんじゃないか』と思ったぐらいで(笑)」と、ドキッとするような発言を残している。このように役と自分が同化するかのような気持ちの入り方が、安田の役づくりの根底にあるのだ。

 しかし前述の鈴木亮平が圧倒されたと語る『HK 変態仮面』での役づくりはそんなレベルをはるかに超えている。『HK 変態仮面』での安田の役は、鈴木が演じるパンティーを被ると超人的な能力が発揮される「変態仮面」の最強の宿敵。鈴木は自身のブログで「変態仮面」が「超高校級の変態」とするなら、安田の役は「プロの変態」「レベルが違いすぎる」と解説しているのだが、演じた安田についても「あまりにも強烈な俳優力を持った先輩であり、劇中と同じく、僕は俳優としての格の違いをまざまざと見せつけられた」と振り返る。

 そして、安田の度を超えた役づくりについて暴露しているのだ。たとえば、ロープで縛られるシーンの準備の際のこと。安田は「もっときつく...いや、もっときつくだ!」とスタッフに指示(懇願)、そして完成した亀甲縛りを鏡に映し「いいねぇ...情けないねー...」と笑顔を浮かべていたらしい。さらには、役柄について監督に「この役はあえてウ○コを我慢することで興奮しているという設定はどうですかね?」という細かすぎる提案までしていたというのだ。そして「都心の駅前を、なんの躊躇もなくほぼ裸で走り抜け」た、とも。

 たしかに鈴木の言うとおり役者の鑑とも言うべきプロ根性だが、ここまでくると役づくりを超えた何かがあるのでは、と邪推してしまう。

 そういえば、もともと安田はいつでもどこでも脱ぎたがるという癖を持っていることはファンの間では有名だが、この『変態仮面』の敵役のオファーが来た際には、事務所社長が「顕ちゃんは変態なのに変態の役が全然来なかった。今回、変態の役が来て本当に良かった」と喜んでいたという話もあった。もしかして演技への情熱というより、ただの趣味が高じただけだったりして......。
(江崎理生)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

安田顕のプロフィールを見る
リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「安田顕」に関する記事

「安田顕」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安田顕」の記事

次に読みたい「安田顕」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク