ビートたけしがSMAP解散で毒舌!「キムタクは汚名返上できない」「ジャニーズは独占禁止法に引っ掛からないのか」

 解散まで1週間を切ったSMAP。注目された最後の紅白出場も、23日にジャニーズ事務所が正式に出場辞退を発表。26日に放映が予定されている最後の『SMAP×SMAP』(フジテレビ)でも生出演しないことが正式に決定した。これでSMAPのメンバー全員が一堂に会す機会は永遠に失われたことになる。

 そんなSMAPをめぐっては、多くの芸能人や著名人たちがさまざまなコメントを出しているが、しかし、そのほとんどが、何かに怯えたような、そして本質から大きく離れた"どうでもいい"ものばかり。そんな中、"世界のキタノ"ビートたけしが吠えた。

 たけしは「週刊実話」(日本ジャーナル出版)1月5・12日合併号のトップインタビュー「ビートたけし 日本一刀両断」に登場し、SMAP問題に斬り込んでいるのだが、持ち前の毒舌が全開。誰もが思っていながら誰も口にできないことにまで踏み込んでいるのだ。

 たけしはまず、「オレは国民的と思ったことはないけどさ」とSMAPが"国民的アイドル"であるという前提に疑問を呈した上で、こんなことを言いはじめる。

〈独立しようとしたみんながSMAPを抜けても、SMAPの名前自体はキムタク1人が背負えばいいんじゃねーか。(略)SMAPって名前、メンバーが帰ってくる場所を残しておいた方がいいと思うぜ〉

 つまり、SMAPはキムタクが責任をもって維持しろ、というのだが、しかし、これはもちろんキムタク擁護ではない。逆に、キムタクが土壇場で裏切ったことをあげつらい、俳優としてのキムタクにこんな毒舌を浴びせる。

〈裏切り者のレッテルを貼られたキムタクはどうやって汚名返上するんだろうな。いまは、ドラマにキムタクを使ってれば必ず高視聴率を取れるって時代じゃなくなったし。子役で売れた役者と同じで年取ったら使えないヤツっているじゃん。『渡る世間は鬼ばかり』のえなりかずきとか(略)どんなドラマのどんな役にどうやって使うんだって。キムタクもそんな感じで、トレンディードラマ時代のキムタクのイメージが強すぎるし、何やってもキムタクじゃん。最近、司会に出てる坂上忍みたいに、しばらく潜伏期間を置かないと。みんなが忘れた頃に出てこないと無理だよね。いま、キムタクに普通のサラリーマン役やられても、なにやってるんだって感じがあるもんね。〉

 映画監督として高い評価を持つ"世界のキタノ"の強烈なダメ出しだが、しかし、いくらなんでもキムタクをえなりかずきと同列に扱うとは......。しかも、たけしの批判の矛先はキムタクだけではなかった。芸能タブーであるジャニーズ事務所の存在そのものにも向けられている。

〈でもさ、ジャニーズ事務所って、なんでこんなに力を持っているんだ? 独占禁止法に引っ掛からないのか? 男だけのグループって言うと、ジャニーズ以外だとEXILEぐらいなもんだろ。1回、太田プロで若い男の子集めてグループ作ったけど、一瞬で消えたからね。本当はジャニーズ以外からもいろんなのがじゃんじゃん出てくるようになれば、すごいグループが生まれるようになると思うんだけどな。あまりに独占企業になると。進化しなくなるかもね〉

 たしかにたけしの言うようにジャニーズ事務所は強大な影響力を背景に、男性アイドルを独占してきた。他事務所に所属する男性アイドルを圧力で潰してきたのも周知の事実だ。たとえばDA PUMPやw-indsといったジャニーズと"競合"する男性アイドルたちは、ジャニーズから様々な形で圧力をかけられ、音楽番組やバラエティから姿を消していった。

 そして男性アイドルを独占する一方で行われてきたのがメディア・コントロールと支配だった。たとえジャニーズのスキャンダルが週刊誌ですっぱ抜かれたとしても、テレビやスポーツ紙に圧力をかけ、後追い報道などを一切報じさせない。ジャニーズは自分たちの批判やスキャンダルを封じ、都合のいいストーリーを子飼いのマスコミに書かせ、さらに圧力で競合男性アイドルを潰すことで、アイドル市場を独占し、その"帝国"を築いてきた。

 たけしはこうしたジャニーズ事務所のやり方が、芸能界の"弊害"になり、新しい才能の誕生を阻んでいると指摘したのだ。これは多くの関係者が思っていても決して言えない"本音"だろう。

 さすがたけし、という感じだが、もっとも、この毒舌にはたけしなりの計算もあるらしい。週刊誌の芸能担当記者がこう解説する。

「まあ、たけしさんも芸能界ではまともに相手にされていない「週刊実話」だから、安心してここまで踏み込んだのでしょう。それと、たけしさんは、ジャニーズ事務所、そしてジャニーズタレントとの関係がほとんどないですからね。もうひとつの芸能タブーであるバーニングに関しては、絶対にこういう批判をいえないはずです。1987年にたけしが起こした「フライデー襲撃」事件の後、芸能界復帰のためにバーニングの周防郁雄社長の人脈に頼って以降、周防社長に頭が上がらなくなったといわれていますから」

 とはいえ、ジャニーズという強大なタブーに踏み込んだたけしのものいいは貴重だ。ちなみに、今回の「週刊実話」インタビューではSMAP問題だけでなく、有吉弘行夏目三久の"妊娠報道"、電通の過労自殺、芸能界に蔓延する薬物汚染などを切りまくっている。一読の価値あり、だろう。
(林グンマ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ビートたけし 事故
ビートたけしのプロフィールを見る
リテラの記事をもっと見る 2016年12月25日の芸能総合記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バカリズム」のニュース

次に読みたい関連記事「バカリズム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。