キスマイ横尾渉が"春の甲子園"句で俳句王者に!夏井先生も絶賛した発想力

キスマイ横尾渉が"春の甲子園"句で俳句王者に!夏井先生も絶賛した発想力
3月25日放送の「プレバト!!」俳句査定は、春の俳句王を決めるタイトル戦「春光戦」決勝が行われ、Kis-My-Ft2 横尾渉が優勝を決めた。今回のお題は「じゃんけん」。子どもの遊びか、「最初はグー」を生み出した志村けんさんを追悼する句に分かれる中、横尾は「野球のサイン」に発想を飛ばした“春の甲子園”句を披露し、夏井先生は「そういう発想があったか!」と大絶賛。横尾は昨年の冬麗戦以来の2度目のタイトル王者に返り咲き、「よっしゃー!」とガッツポーズで喜びを爆発。満面の笑みで優勝トロフィーを受け取った。

東国原の"志村けん"句を夏井先生が劇的添削、「全員がうなりましたね!」

今回は春の俳句王を決めるタイトル戦「春光戦」決勝が行われ、シード権を持つ梅沢富美男(永世名人)、Kis-My-Ft2横尾渉(名人6段)、千原ジュニア(4段)に加え、予選を勝ち上がった東国原英夫(10段)、FUJIWARA藤本敏史(10段)、フルーツポンチ村上健志(10段)、中田喜子(5段)、松岡充(特待生1級)、皆藤愛子(2級)、パンサー向井慧(5級)の計10人が、「じゃんけん」をお題に激突。

キスマイ横尾渉が"春の甲子園"句で俳句王者に!夏井先生も絶賛した発想力
20210401094051-1374461731198816eb96b1687a185598bbb07d83.jpg


まず、惜しくもタイトルを逃した2位に「サザエさんに後出しあいこ吾子の春」と詠んだジュニアがランクインし、まるで優勝したかのように「うおー!すげー!」と大喜び。続いて、皆藤が8位、松岡が9位、パンサー向井が最下位に終わり、7位の発表に。

<7位>
編集部おすすめ

当時の記事を読む

志村けんのプロフィールを見る
MBSコラムの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「志村けん」に関する記事

「志村けん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「志村けん」の記事

次に読みたい「志村けん」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク