夏井先生びっくり仰天「ただの声がデカい人じゃないの?」おいでやす小田の才能開花
5月5日放送の「プレバト!!」俳句査定は、おいでやすこが・おいでやす小田の「胸躍る図鑑に百獣春の宵」句が凡人2位にランクイン。わずかに才能アリに届かなかったが、65点という高得点を叩き出した。小田は「リアクションむずっ!」と苦笑いしたが、夏井いつき先生は「勉強しているじゃないですか! ただの声がデカい人じゃないの?」とびっくり仰天。さらになるレベルアップを目指す劇的添削を施すと、小田は「もう一段上が明確に見えました!」「ありがとうございます!」と俳句への意欲をメラメラと燃やしていた。

夏井先生から破門の勝村政信梅沢富美男もバッサリ「こんな弟子なんか結構!」

今回は「動物図鑑」をお題に、ランキング戦においでやすこが・おいでやす小田、研ナオコ、ファーストサマーウイカ、Kis-My-Ft2宮田俊哉が参戦。全員が才能ナシ経験者だったが、意外な男がくすぶっていた才能を開花させた。

<凡人2位>
胸躍る図鑑に百獣春の宵
   おいでやす小田

「子どもの頃に図鑑をもらって食い入るように見ていたら、日が暮れていた。"春の暮"とか"春の夕"とか他の季語もあったのですが、それだと春自体の終わりを指すので。一日の終わりだと季語は"春の宵"かなって」

堂々の2位、65点という高得点を叩き出した小田は「うわー!」と歓喜の雄叫びを上げたが、凡人という結果に「リアクションむずっ!」と苦笑い。しかし、梅沢は「"胸躍る"が違う言葉だったら1位だったかも?」と予想外の秀句を絶賛。夏井いつき先生も「あなただったのね? だって、(いつも)ろくなことしないんだもの。でも勉強しているじゃないですか! ただの声がデカい人じゃないの?」とびっくり仰天。