<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産(25)「当たる番組には必ず“いい言葉”がある」

高橋秀樹[放送作家]

* * *

これまでのインタビューはコチラ

 「この番組は当たるなって感じるときは、必ずテレビ制作者のいい言葉がある」

大将(萩本欽一)が言う。

 「フジテレビでの話だ。俺はどうしても午後9時台でバラエティをやってみたかった。月曜日の9時枠は、ずーっとドラマをやってきて20年年間、1本も当たりがなかった。そこでやらして欲しいってお願いした。そしたら、当時の偉い人が、そこは20年耕してきた畑です、違う種を巻いたらやり直しになりますっていう」
 「俺は、そうですねって納得しちゃった。この人に無理を通しても駄目になるって思ったから」

でも、大将は諦めなかった。昭和55年(1980年)になっていた。

 「当時の制作局長は日枝(久=現・フジテレビ会長)さん。やらしてくれたの。でもコケた(『欽ちゃんの9時テレビ』)コケたから、日枝さんにいった。やっぱり耕した畑ダメにしちゃいました、やめますって。そしたら日枝さんがねいうの。『種変えたんでしょ、そこの畑は10年間欽ちゃんに預けるから、半年ごとに変えるとしても20回やれるから、そのうち1回くらいは当たるでしょって』」
 「この言葉を聞いた時、はまったな、当たるなって、思った」

それが『欽ドン!良い子悪い子普通の子』である。

 「でもまだ内容は考えてないから、こういう時は考えなきゃいけない。それを考えるのはやっぱり、家に限る。二宮の家に戻った。ここは星が見えるからねえ、星はいい」

当時の記事を読む

萩本欽一のプロフィールを見る
メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「萩本欽一」に関する記事

「萩本欽一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「萩本欽一」の記事

次に読みたい「萩本欽一」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 萩本欽一 twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。