ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開

ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開
拡大する(全9枚)

DXという言葉を近年よく見かけるが、ひとくちにDXといっても、自社の事業をデジタルやテクノロジーでアップデートするケースもあれば、ほかの企業や既存の産業に自社の技術を注入し、DXを後押しするケースもあるだろう。

後者に取り組んでいるのが、ソフトバンクだ。同社は、街や社会のDX、あるいはヘルスケアという既存産業のDXを積極的に行っている。さらに、5G技術で他の企業や産業のDXを支援する取り組みも行ってきた。その活動が評価され、経済産業省と東京証券取引所が選定するDX銘柄2021にも選ばれている。

通信事業者の枠を超えて、DXの支援役として存在感を高めるソフトバンク。市場に起きている潮流を深掘りする「マネ部的トレンドワード」。DX編の今回、ソフトバンクの行う取り組みを取り上げる。

リアルタイムのデータで街の価値を高める。「スマートシティ竹芝」とは

最初に紹介したいのは、街や社会に対するDXの取り組みだ。ソフトバンクは、東急不動産と共同で、2019年7月から最先端テクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケース構築に取り組んでおり、その延長として「スマートシティ竹芝」というプロジェクトを進めている。

ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビ...の画像はこちら >>

「プロジェクトは3つのフェーズに分かれており、①ビルのスマート化、②竹芝エリアのスマート化、③竹芝エリア周辺のスマート化という流れを想定しています。①はすでに実現しており、東京ポートシティ竹芝に1400個以上のセンサーを設置。ビル内の人流や混雑情報、あるいはAIが解析した来場者の性別や年代といった情報を、ビル内のテナントなどにリアルタイムで提供しています」


この記事の画像

「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像1 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像2 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像3 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像4
「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像5 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像6 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像7 「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像8
「ソフトバンクが進めるのは「日本のDX」。通信の枠を超えた新ビジネスを続々展開」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東証マネ部!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソフトバンク」に関する記事

「ソフトバンク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソフトバンク」の記事

次に読みたい「ソフトバンク」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク