無人駅に泊まる!? “日本一のモグラ駅”に誕生したアウトドア施設がグッとくる

鉄道ファンであっても、そうでなくても、“駅”というのは特別な空間だ。無数の列車が行き交う様子にワクワクしたり、駅を舞台に淡い思い出が生まれたり、始めて訪れた無人駅になぜかノスタルジーを感じたり……。

そんな駅というプラットフォームを活かした、宿泊施設がある。それが、群馬県の上越線土合駅に期間限定でオープンした無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE(ドアイ ヴィレッジ)」だ。

無人駅に泊まる!? “日本一のモグラ駅”に誕生したアウトドア施設がグッとくる

土合駅は、地上の入り口から約10分も階段を下らないと駅のホームまで行けない“日本一のモグラ駅”として知られている。地下要塞のような雰囲気は、冒険心をこれでもか、とくすぐってくる。

その土合駅にて、JR東日本の“実験”として展開されている「ドアイ ヴィレッジ」。実験の目的は、旅行者や登山者、そして地元の人たちが気軽に立ち寄れる場を提供して、地域の交流を創出すること。それを実現すべく、駅舎の内外にさまざまな施設が誕生した。

まずは国内初という、グランピングができるインスタントハウス「モグラハウス」。繭の中にいるような空間は、見た目以上に頑丈で断熱性に優れているため、寒さ厳しい冬でも快適に過ごせる。部屋の窓からは電車が見える粋な演出も。

無人駅に泊まる!? “日本一のモグラ駅”に誕生したアウトドア施設がグッとくる

無人駅に泊まる!? “日本一のモグラ駅”に誕生したアウトドア施設がグッとくる

駅舎内では「モグcafe」が営業。かつての駅務室を改装したカフェスペースは、まさに非日常。当時のまま残っている切符売り場のカウンターなどは雰囲気満点だ。

施設内には、手軽に“ととのい”を楽しめるアウトドアサウナ「モグリュ」もオープン。雄大な谷川岳をはじめとする大自然を眺めながら、本場フィンランド式のサウナで心も体も癒される。極限まで温めた体を、雪の中に投げ出すのもいいだろう。

無人駅に泊まる!? “日本一のモグラ駅”に誕生したアウトドア施設がグッとくる

“鉄道×アウトドア”というコラボには、男なら誰もがグッとくるはず。「ドアイ ヴィレッジ」は3月22日(日)までの期間限定なので、チェックするならお早めに。

 

[施設詳細]
ドアイ ヴィレッジ
期間:2020年2月12日(水)~3月22日(日)
場所:土合駅(群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽)
電話:0558-36-4670
http://villageinc.jp/doai

中山秀明=文

あわせて読みたい

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「DIY」のニュース

次に読みたい関連記事「DIY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スポーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スポーツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュース

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。