SNSで話題の『PUI PUIモルカー』 説明過多でないからこそ広がる想像の余地

SNSで話題の『PUI PUIモルカー』 説明過多でないからこそ広がる想像の余地
拡大する(全1枚)
『クイック・ジャパン154』はaiko特集
子供向けバラエティ番組『きんだーてれび』(テレビ東京系)で放送されているアニメ『PUI PUI モルカー』が、子供だけでなく大人の間でも話題になっている。同作は、とぼけた表情を浮かべた「モルカー」がトコトコと駆け回り、さまざまな事件を解決する物語。人間と動物の不条理な関係を描いた意欲的な作品は、いったいどのような経緯で生まれたのか? 制作を手がけたシンエイ動画株式会社代表取締役社長の梅澤道彦氏は、2021年2月26日発売の『クイック・ジャパン』vol.154で、このように語っている。

「2019年の夏に、知人を介して見里朝希監督が学生時代に制作したアニメ作品『マイリトルゴート』を観せてもらいました。自分でフェルトを動かして作品を作っているとお聞きして、『面白そうだな』と。もともとシンエイ動画で制作している映画『クレヨンしんちゃん』のオープニングでクレイアニメを使っていたこともあって、ストップモーションのアニメには興味を持っていました。そこで『なにかでご一緒しませんか?』と監督に声をかけたんです」

『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』で知られるシンエイ動画だが、本格的なストップモーションアニメの制作は初めてだという。制作には多くの時間が必要になることから、短編で本数を重ねていく方針が決まり、見里監督の「モルモットが車になる」というアイディアが採用された。

「最初は『機関車トーマス』や『カーズ』のようにセリフのある作品を想像していたので、脚本が上がってきた段階でセリフがないことに驚きました。ただ、読んでみると社会風刺が効いていて、子どもだけじゃなくて大人にも伝わる内容になっている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク