JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica(スイカ)」を利用している人は多いと思います。でも、実は一定期間使っていないとロックされ、10年間一度も利用していないと失効してしまうのをご存じでしょうか? とくに記念Suicaなどは一度も使わずに10年経過してしまうことがあるので要注意ですね。

そこで今回はSuicaの有効期限について解説したいと思います。

10年未使用のSuicaは完全に失効してしまうので注意!

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を!...の画像はこちら >>

関東に住む人ならJR東日本が発行する交通系ICカード「Suica(スイカ)」を利用している人は多いでしょう。

日本全国のJR路線やショップの支払いなどでタッチ決済ができるのは便利ですよね。しかし、Suicaの裏面には以下のような記載があるのをご存じでしょうか?

「機器等で最後の利用日から10年間利用がない場合は、失効します。また、一定期間機器等で利用がない場合、係員がカードを確認させていただくことがあります。」

つまり、Suicaを10年間まったく使わずに放置していると、完全に失効してしまい、使えなくなってしまうのです。

また、一定期間使わないとSuicaがロックされてしまうとあり、JR東日本では非公表ですが、どうやら6カ月程度で支払いができなくなるのです。

もちろん残高チャージするか、JR東日本の窓口でロックは解除できますが……。

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
筆者が普段利用しているSuicaの裏面

こちらが筆者が普段利用しているSuicaの裏面。たしかに小さい文字で最後の利用から10年で失効すると書いてある(筆者撮影)

実はこれ、Suicaに限らず首都圏の地下鉄などを中心に利用できる「PASMO(パスモ)」や、JR西日本の「ICOCA(イコカ)」など、全国の交通系ICカードは基本的に10年の有効期限が設定されているのです。

●PASMO「PASMO取扱規則」は→こちら

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
PASMO「PASMO取扱規則」
(Image:pasmo.co.jp)

こちらは「PASMO」の取扱規則。やはり最後の利用から10年経過すると失効すると明記されている(画像はPASMO公式サイトより転載)

なお、JR東海の「TOICA(トイカ)」は、未使用で10年経過しても機器やシステムが対応できる間は引き続き使えるようにしているので、地域によって10年未使用後の対応は異なるようです。

●JR東海「TOICAについて」は→こちら

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
JR東海「TOICAについて」
(Image:faq.jr-central.co.jp)

JR東海のQ&Aには、10年未使用のTOICAでも「お客様の利便性を考慮し、機器やシステムが対応できる期間は引き続きお使いいただける取扱いとしております」と書かれている(画像はTOICA公式サイトより転載)

ちなみに、Suica定期券の期限とSuicaカードの利用期限はまったく別物です。定期券の期限を過ぎてもSuicaそのものは有効なので買い物での支払いはできますし、電車に乗る時はチャージしてある残高から支払いが行われます。

未使用で10年経過したSuicaはどうなる? 残高やデポジットも無くなるの?

10年間未使用のSuicaは失効してしまいますが、残高やデポジットの500円は戻ってこないのでしょうか? 

でも心配はいりません。失効するのはあくまでもSuicaのカードであり、チャージしてある残高やデポジットは失効しません。

●JR東日本「長期間利用していないSuicaをお持ちのお客さまへ」は→こちら

まず、失効したSuicaはJR東日本の駅やみどりの窓口に行き、新しいSuicaに移し替えることが可能です。ただし、記念Suicaカードは回収され通常デザインのSuicaと交換されてしまいます。

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
JR東日本「長期間利用していないSuicaをお持ちのお客さまへ」1
(Image:jreast.co.jp)

失効したSuicaの残高は、JR東日本の駅やみどりの窓口で新しいSuicaへと移し替えることが可能となっている(画像はSuica公式サイトより転載)

もし、Suicaを新たに作りたくない場合は払い戻しを受けましょう。この場合も古いカードは回収され、残高から払い戻し手数料220円を引いてデポジットの500円と残高が返金されます。ただし、残高が0円の場合はデポジットのみが返金されます。

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
JR東日本「長期間利用していないSuicaをお持ちのお客さまへ」2
(Image:jreast.co.jp)

JR東日本の駅やみどりの窓口に行けば、新しいSuicaを作らず失効したSuicaの残高とデポジットを払い戻してもらうことができる。ただし、払い戻し手数料220円がかかる(画像はSuica公式サイトより転載)

●JR東日本 Suica「払いもどし」は→こちら

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
JR東日本 Suica「払いもどし」
(Image:jreast.co.jp)

Suicaの払い戻しでは、手数料220円が残高から引かれ、500円のデポジットが返金されることになっている。ただし、残高が0円の場合は実質的に手数料は取られないようだ(画像はSuica公式サイトより転載)

特殊な記念Suicaの有効期限はかなり短いものも!

JR東日本では、2001年11月からSuicaが導入されていますが、普通に使っていれば未使用で10年経過することはありません。

しかし、JR東日本では過去に記念Suicaを発行しており、この場合は押入れに10年以上置きっぱなしになっていることもあるでしょう。

実は筆者も、2014年12月20日に東京駅が開業100周年を迎えることを記念して発売した「東京駅開業100周年記念Suica」を購入しました。

この記念Suicaは、当初は1万5,000枚の限定販売であったことから、発売日には東京駅に購入希望者が殺到し大混乱。急遽販売中止になるほどの人気ぶりでした。

その後、ネットでも予約できるようになり、3日間で170万枚の申し込みがあったそうなので、この記念Suicaを今でも持っている人は結構多いことでしょう。

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
こちらが実際の東京駅開業100周年記念Suica

こちらが筆者所有の「東京駅開業100周年記念Suica」。おそらく2015年に購入したので、あと2年で失効してしまう(筆者撮影)

なお、この東京駅開業100周年記念Suicaは専用台紙付きで1枚2,000円で販売されましたが、これにはデポジット500円とチャージ金額1,500円が含まれています。

筆者はおそらく2015年に買っているので、あと2年後の2025年には失効してしまうので、とりあえず1,500円の残高は使い切ってしまうつもりです。

ちなみに、記念Suicaのなかにはもっと特殊なものもあります。たとえば、2022年6月に1万5,000円で販売された「鉄道開業150周年 記念Suica」は、デポジットが含まれず残高もありません。

もちろん、自分でチャージすれば実際の駅や買い物で利用できますが、払いもどしや障害・紛失時の再発行、記名式への変更もできません。

鉄道開業150周年 記念Suicaは、あくまでも立派な盾付きのコレクターズアイテムなので、実際にチャージして使う人は少ないでしょうが、Suicaとしての機能の有効期限は2023年3月31日までとなっていることは覚えておきましょう。

●JRE MALL「鉄道開業150周年 記念Suica」は→こちら

Suica(スイカ)は10年間未使用だと失効するので注意を! とくにレアな記念Suicaなど
鉄道開業150周年 記念Suica
(Image:jreastmall.com)

鉄道開業150周年 記念Suicaは盾付きのコレクターズアイテムだ。残高やデポジットが含まれていないこともあり、23年3月末で有効期限が切れてしまう(画像はJRE MALL公式サイトより転載)

まとめ

いかがでしょうか? 実はSuicaやその他の交通系ICカードに10年の有効期限があることはあまり知られていないと思います。  

もちろん、日常的に使っていればSuicaが失効することはありませんし、失効してもカードが失効するだけで残高やデポジットが無くなるわけではないのですが、とくに記念Suicaは10年間使わずに放置している人も多いと思いますので、ご注意ください。

By OTONA LIFE