『VB(ブイビー)』の抗菌効果の実効性が 臨床試験でも認められました!

『VB(ブイビー)』の抗菌効果の実効性が 臨床試験でも認められました!
~共著論文が薬理学の国際ジャーナル『Pharmacology』に採択~

「おしぼり」のレンタル・企画開発を手がけるFSX株式会社(所在地:東京都国立市泉1-12-3 代表取締役社長:藤波克之、以下FSX)は、共著論文『VBのin vitro 抗菌効果及びVB配合おしぼりの使用による手指衛生効果』が、スイスの薬理学誌『Pharmacology』に採択されましたのでお知らせいたします。これにより学術的な見地から、おしぼりの臨床試験における効能効果が日本で初めて認められました。

『VB(フ゛イヒ゛ー)』は、東京工業大学と慶應義塾大学発の合同ベンチャーとの共同研究によって、手指衛生の概念から生まれた、抗ウイルス・抗菌を安全に叶えるFSXの特許技術です。金属酸化物クラスター構造を持つポリ酸のなかでも、特に『VB』の主成分となるポリ酸の抗ウイルス効果は、以前より多くの有効性が実証されてきました。さらに抗菌効果を実証し、おしぼり衛生の実効性を臨床的に証明することは、文化的に幅広く使われている「おしぼり」を生業にし、手指衛生の重要性を提唱してきたFSXにとって重要な使命であると考え、2016年より本研究に取り組んでまいりました。

このたびの共同研究の成果では、従来の「試験管内」や「おしぼり上」だけではなく、「VBおしぼり(*)」で拭いた後の実際の手指から、効率よく菌が除去されていることが証明されました。「VBおしぼり」の安全性を確立し、手指衛生に寄与するおしぼりと実証されたことの意義は大きく、おしぼりが本来持つべき役割とそのために必要とされる技術が認められたことになります。FSXでは今後も、おしぼりの可能性を追求し、価値あるおしぼりを提供していけるよう、さらなる研究を進めてまいります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月18日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。