【びわ湖大津プリンスホテル】日本最大規模の「のぼり窯」で焼き上げた宗陶苑「信楽焼」と国際料理コンクール世界2位入賞シェフ 坂田 知昭考案のフランス料理で滋賀のフードツーリズムを推進

【びわ湖大津プリンスホテル】日本最大規模の「のぼり窯」で焼き上げた宗陶苑「信楽焼」と国際料理コンクール世界2位入賞シェフ 坂田 知昭考案のフランス料理で滋賀のフードツーリズムを推進
びわ湖大津プリンスホテル(所在地:滋賀県大津市におの浜4-7-7、総支配人:松本伸夫)は、最上階のレストラン「フランス料理 ボーセジュール」にて、日本六古窯の一つである「信楽焼」と、第51回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール アンテルナショナルパリで世界2位を受賞したシェフ坂田 知昭(さかた ともあき)の考案するフランス料理がコラボレーションした、1日3組限定のディナーコースを2019年11月15日(金)から2020年3月31日(火)まで提供いたします。

料理を彩る器には、信楽の丘陵からの良質な陶土を、株式会社 宗陶苑 (そうとうえん、所在地:滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13)が所有する日本最大規模の「のぼり窯」を使い唯一無二に焼き上げた陶器を使用し、ホテルを代表する実力派シェフ坂田 知昭が、地産地消をテーマに、滋賀食材の魅力を伝えるディナーコースをご用意いたしました。滋賀県・信楽が連続テレビ小説「スカーレット」の舞台となり世間の注目が高まる今、滋賀県の歴史と文化、伝統的な技術によって今日に伝えられている信楽焼と世界に通ずるフランス料理で滋賀の食文化を発信し、地域活性と滋賀県の観光促進につなげてまいります。

※ル・テタンジェ国際料理賞コンクールとは、シャンパーニュ・テタンジェ社の創始者であるピエール・テタンジェ氏のフランス料理に対する情熱を受け継いだクロード・テタンジェ氏がフランス料理の発展を願って1967 年に創設し、時には「ガストロノミーのエベレスト」と呼ばれる極めてレベルが高く、歴史と権威あるコンクールとして知られており、50 年以上の歴史あるコンクールです

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年11月15日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。