大阪教育大学附属天王寺小学校が「LEBER for School」を導入

大阪教育大学附属天王寺小学校が「LEBER for School」を導入
拡大する(全1枚)
国立大学附属学校として初めての導入

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)と国立大学法人大阪教育大学(学長:栗林澄夫)は、医療相談アプリ・リーバーの機能を利用した体温・体調管理機能「LEBER for School」の利用契約を締結しました。9月1日から大阪教育大学附属天王寺小学校の生徒・教職員約650人が利用します。

大阪教育大学附属天王寺小学校は、大学と協働して先進的・実践的な取り組みを数多く行なっており、全国的に注目されている教育機関です。その取り組みのひとつとして、「LEBER for School」が採用されました。公共交通機関で登校する生徒も多い同校の健康管理に貢献します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/33619/66/resize/d33619-66-505337-3.jpg ]


教育施設全体の健康状態を集団解析できるLEBER for Schoolを、国立の教育機関が導入するのは初めてのケースです。すでにつくば市やつくばみらい市の小・中学校で稼働しているものと同様のシステムで、生徒とともに教職員も体温・体調チェックに使用します。子供は発熱の機会が多く、保護者の不安も大きいですが、この取り組みによって生徒と保護者、および学校全体の安心・安全の確保が期待できます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/33619/66/resize/d33619-66-113414-2.jpg

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月2日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。