コーン・フェリー、次世代経営人材の発掘と育成に関する調査レポートを発表

コーン・フェリー、次世代経営人材の発掘と育成に関する調査レポートを発表
海外先進企業に比べ取り組みの遅れが目立つも、コロナ禍により危機感は増す

グローバルな組織コンサルティングファームのコーン・フェリー(NYSE:KFY|コーン・フェリー・ジャパン 東京都千代田区 日本共同代表:滝波純一、五十嵐正樹)は、「経営者育成とサクセッションの進化ステージに関する調査」の結果を発表します。

調査は2020年6~7月にオンラインで実施し、日本企業を中心に95社から有効回答を得ました。海外先進企業の取り組みをステージ3.0とした場合、日本平均はステージ2.0に留まるなど取り組みの遅れが目立つものの、コロナ禍により経営トップの重要性が改めて認識されたこと、上場企業についてはコーポレートガバナンス・コードに対応した経営者サクセッション(後継計画)への取組みが本格化していることにより、次世代経営人材の発掘・育成に対する危機感が増していることがうかがえます。

次世代経営人材の発掘・育成の基本フレーム(型):
本調査に先立ち、コーン・フェリーでは「経営人材育成3.0 ~日本企業における次世代経営人材発掘・育成アプローチの推移~」という基本フレームをまとめました。次世代経営人材の発掘・育成のアプローチを変革し業績向上につなげた海外先進企業の取り組みから「型」を抽出し、人材要件、発掘、評価、育成、外部採用という5つの観点から次世代経営人材の発掘・育成の進化ステージを体系化したモデルです。
[画像1:

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。