コロナ禍で実現した「超・実践型 国際インターンシップ」 日・ロシア63名の学生がロシアでオンライン映画祭を開催! 三井物産、京セラ、日立建機ら現地法人が協賛

コロナ禍で実現した「超・実践型 国際インターンシップ」 日・ロシア63名の学生がロシアでオンライン映画祭を開催! 三井物産、京セラ、日立建機ら現地法人が協賛
拡大する(全1枚)
日本アニメの金字塔、『AKIRA』のロシア語吹き替え版を、ロシア全土のファンに向けてオンラインで初公開――。
企画、上映権者との交渉、翻訳、プロモーションまでのすべてを手掛けたのは、日本とロシア15の大学から集まった63名のインターン生。ビジネス・コミュニケーション・アプリ「Slack」と「Zoom」をフルに活用した準備活動を経て、2021年11月27(土)と28日(日)にロシアで開催されるオンライン映画祭を企画・運営します。その名も「J-Anime Meeting in Russia 2021」。今回は各方面から注目を集める同イベントの<進化系インターンシップの側面>にスポットを当て、ご紹介します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/18030/42/resize/d18030-42-f33278e8efeac8cb6607-3.jpg ]

※本リリースのPDF版はこちら(https://www.jvta.net/wp-content/uploads/2021/11/997a4e250ad9c36c4c0cffa459cb6d00.pdf)をご覧ください。


「語学系大学生の潜在的な力を引き出したい!」
映像翻訳会社と国立大学の共同プロジェクトに15大学、63人が集結

「J-Anime Meeting in Russia 2021」を共同開催するのは、映画やドラマなど動画コンテンツの字幕・吹き替え翻訳者を育成する日本映像翻訳アカデミー株式会社(東京)と国立大学法人東京外国語大学(東京)。「言語系の学部や学科の学生が持つ潜在的な<働く力>は、残念ながら就職活動の段階では十分に評価されていない。学んだ力をリアルなビジネス体験の中で鍛え、自信につながるような、本格的な中長期インターンシップの機会を提供したい」(東京外国語大学大学院総合国際学研究院 沼野恭子教授)。本プロジェクトの噂は大学関係者や学生の間で広がり、最終的には日露15大学、63名のインターン生が参加。企画運営チーム、字幕・吹き替え翻訳チーム、プロモーションチームなどに分かれて活動しています。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク