The fin.インタビュー|Yuto Uchinoが作る、世界中の人たちとシェアすることができる音楽

The fin.インタビュー|Yuto Uchinoが作る、世界中の人たちとシェアすることができる音楽

イギリスに拠点を移して約3年半。前作のアルバム『There』以来、まとまった作品集となるEP『Wash Away』を9月13日(金)にリリースするThe fin.。すでに先行配信されている“Come Further”、“Gravity”を含む全6曲は、各々異なるベクトルを携えている。耽美で甘やかなメロウサウンドは単に生楽器とエレクトロニックの融合という域をとっくに超えて、今の時代のポップ・ミュージックとしての強度を獲得。前作でもプロデューサーとして担当したジャミロクワイ(Jamiroquai)、アルト・ジェイ(alt-J)、レディオヘッド(Radiohead)などの作品で知られるブラッドレイ・スペンス(Bradley Spence)に加え、新たにビョーク(Björk)、アルカ(Arca)、ピューマ・ブルー(Puma Blue)などの作品を手がけているジェイク・ミラー(Jake Miller)を共同プロデューサーに迎えている。マスタリングにはケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やアール・スウェットシャツ(Earl Sweatshirt)などの作品を手がけるマイク・ボッツィ(Mike Bozzi)を起用していることも新鮮。プロデューサーのジェイクとは「聴いたことのないサイケデリックを作ろう」と意気投合したという。ロンドンを拠点にワールドワイドなファン層を得て、US、UK、アジアツアーでのヘッドライナーツアーを成功させ、8月末からスタートした自身最大級の中国13都市でのツアーは全ての会場でソールドアウト。あくまで音楽で世界のオーディエンスを魅了している状況は日本の20代後半バンドの中でも独自の成果といえるだろう。そこで今回、フロントマンのYuto UchinoにEP『Wash Away』に至るバンドや彼自身の変化や、ソングライトの手法、今作で得た手応えを聞いた。規模感が拡大する中、むしろ音楽の純度を上げていく彼のパーソナリティが浮かび上がったと思う。なお、今EPの印象的なビジュアルは今回もフォトグラファーのKodai Kobayashiが担当。なんと千葉の海辺での撮影だったそうだが、温かみとSF的な非現実感が同居している。


あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。