浦和はいつまで「同じ過ち」を繰り返すのか 優勝を目指せる体制とはいえない歯痒い現実

浦和はいつまで「同じ過ち」を繰り返すのか 優勝を目指せる体制とはいえない歯痒い現実

AFCチャンピオンズリーグでは勇敢な戦いを見せたものの決勝でアル・ヒラルに敗れ、今季の無冠が確定した浦和レッズ。JリーグではいまだJ1残留争いの最中にいる。

毎年続く監督交代と変わる戦術。進まない世代交代。減る観客動員数。

果たして浦和に明るい未来は描けるのだろうか?

(文=佐藤亮太、写真=Getty Images)

続投要請の報道に覚える“違和感”

「来季の去就については分かりません。まだコメントできません」

11月24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝、アル・ヒラル(サウジアラビア)との第2戦後の会見で浦和レッズ・大槻毅監督が答えた。そして翌25日、スポーツ新聞各社は一斉に「浦和 大槻監督に来季、続投要請へ」と打った。

「続投しない理由は見つからない」

10月下旬のこと、浦和・中村修三GMが語った。このとき続投理由をこう説明した。

「シーズン途中から監督をやってもらった。J1残留は前提だが続投は当然。積み上げたものを見られ、ほとんどの試合では主導権を握れている。ただ結果が伴っていないのが課題。前回は暫定だったが、今回は監督1年生。そこはちゃんと見ないといけない。ただ守っているだけではなく、攻めている。しかし、失点の仕方、時間帯が悪いのが今後の課題」

中村GMの言葉からは大槻監督のチームマネジメントへのある程度の評価と今後の伸びしろがあると判断していることがわかる。

オズワルド・オリヴェイラ監督からバトンを受けた大槻監督は「タイトル奪取と若手の育成」という難題に取り組んだ。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。