野球少年の母親を苦しめる“お茶当番”はPTAと同じ?「負担強制の廃止」では解決しない

野球少年の母親を苦しめる“お茶当番”はPTAと同じ?「負担強制の廃止」では解決しない

お茶当番――。昨今、少年野球界でこの制度が問題視されている。いわゆる「お茶出し」に加えてコーチ・選手の世話やお昼ご飯の手配など多岐にわたり、多くの保護者が多大な負担を強いられていることから、「廃止すべき」という声も多く上がっている。野球人口が急速に減少している原因の一つともいわれるこの問題は、昨年メジャーリーガーの筒香嘉智が提言したことで一般にも広く知れ渡るようになった。
だが「廃止すれば解決する」とは単純にいえない複雑な事情もある。野球界が抱える根本的な問題を象徴する「お茶当番」について考えたい。

(文=花田雪、写真=Getty Images)

野球少年の母親たちの悲痛な叫び。「お茶当番」の憂鬱

新型コロナウイルス感染拡大における緊急事態宣言が解除され、1カ月以上が経過した。

東京ではここにきて再び感染者数が増加するなど「第2波」の影響も懸念されてはいるが、スポーツ界ではプロ野球、Jリーグがそれぞれ無観客とはいえ開幕までこぎつけ、日常が戻りつつある。

プロスポーツだけでなく、全国の小中学校も授業を再開。それに伴い、各スポーツクラブも徐々に活動を再開している。

そんな中、私のTwitterのタイムラインには、こんなツイートが散見されるようになった。

「学校再開はうれしいけど、子どもの少年野球も練習が始まって憂鬱(ゆううつ)」
「息子の少年野球、あの日々がまた始まると思うと気分が落ちる」

本来は喜ばしいはずの「日常への回帰」について、少年野球チームに所属している保護者からは悲鳴にも似た嘆きが噴出しているのだ。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。