阪神ドラフト5位・村上頌樹は桑田真澄の再来!? 勝てる投手「お得な指名」の系譜

阪神ドラフト5位・村上頌樹は桑田真澄の再来!? 勝てる投手「お得な指名」の系譜
       

26日にプロ野球ドラフト会議が行われ、東洋大の村上頌樹投手が阪神タイガースの5位指名を受けた。智辯学園高校時代には甲子園優勝を経験し、大学でも3年時に圧巻の結果を出した逸材だ。ではなぜ彼は5位指名だったのか? 今ドラフトの大卒1位指名投手と比較することで、過小評価を生みやすいある法則が見えてきた。

(文=大島和人、写真=KyodoNews)

今年ブレイクした早川隆久。とにかく勝てる投手・村上頌樹

26日のプロ野球ドラフト会議で、思わず唸った指名があった。それは阪神タイガースによる村上頌樹投手(東洋大)の5位指名だ。

その1時間半前には、早川隆久投手(早稲田大)に4球団の1位指名が集中していた。早川は常時150キロ台の速球と制球力、優れた変化球を兼ね備えた左腕。その高評価は当然で、筆者も彼が今ドラフトのベストピッチャーだと考える。

早川は木更津総合高時代から評価が高く、大学入学後に球速アップも見せていた。ただし3年の秋季リーグ戦が終了した時点で東京六大学の通算成績は7勝12敗。つまり「実績」が伴っていなかった。
しかし大学4年で急成長を見せ、一気に評価を上げた。新型コロナウイルスの影響で順延された8月の春季リーグ戦、9月に開幕した秋季リーグ戦の「ブレイク」がなければ、1位指名もなかっただろう。
巨人の1位指名を受けた平内龍太投手(亜細亜大)もケガ明けで4年秋の最終シーズンにぎりぎりで間に合い、評価を戻した人材だ。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。