ローリング・ストーンズの最新ベストアルバム『Honk』の魅力に迫る

ローリング・ストーンズの最新ベストアルバム『Honk』の魅力に迫る
1971年以降の楽曲に的を絞った選曲から、デイヴ・グロールやエド・シーランをゲストに招いたライブ音源の数々まで、後期の代表曲群、圧倒的なライブ音源等を収録したローリング・ストーンズの最新ベストアルバム『Honk』の魅力に迫る。

ロンドンの片隅で生まれたローリング・ストーンズが「世界最高のロックバンド」と呼ばれるようになってから60年近くが経つが、その間にバンドは20枚以上のベストアルバムを発表している。ベスト中のベストとされる作品(『フォーティ・リックス』『GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012』)がバンドの全キャリアを通じた代表曲を網羅しているのに対し、よりユニークな選曲を試みた作品はストーンズの異なる一面を浮かび上がらせる。

元マネージャーであるアレン・クラインが、1964年から1971年の間に発表されたストーンズの楽曲の流通権を手にして以来、バンドのコンピレーションの大半はそれ以外の時期に焦点を当てることを余儀なくされた。最新コンピレーションとなる『Honk』(「ホンキー・トンク・ウィメン」も「カントリー・ホンク」も収録されていないことを考えると、誤解を招きがちなタイトルだと言わざるを得ない)は、バンドが71年以降に発表したアルバムからの楽曲のみを収録しているが、不可解なことにその中には他のベストアルバムに収録されたものも含まれている。3枚組のデラックス・エディションには、2000年代に残された熱気の立ち上るようなライブ音源も収録されている。本作は夏に予定されていたストーンズのツアーと同じタイミングで発表される予定だったが、ミック・

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月19日の音楽記事

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ミック・ジャガー」のニュース

次に読みたい関連記事「ミック・ジャガー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。