相対性理論、初のライブアルバムアートワーク&収録曲発表

       
相対性理論、初のライブアルバムアートワーク&収録曲発表
相対性理論が2019年7月24日に発売する初のライブアルバム『調べる相対性理論』のアートワーク、収録曲、特典画像が発表された。

ジャケットは、これまでの相対性理論作品と同様にやくしまるえつこによるドローイングを用いたアートワーク。相対性理論のライブ特有の異次元的・異空間的な世界が表現されている。相対性理論の活動当初よりその動向を追い続けている編集者・批評家の松村正人をして「ひとつの高みに達しようとしている。現在の相対性理論の演奏の場には特異なものがある」と賞される近年の相対性理論。ライブアルバム『調べる相対性理論』には、日本武道館公演『八角形』以降の「いつか・どこか」の時空から厳選を重ねた10曲を収録。

やくしまるがバイオテクノロジーを用いて制作し世界最大の国際科学芸術賞・アルスエレクトロニカ STARTS PRIZE グランプリを受賞した楽曲「わたしは人類」の8分以上に及ぶライブバージョンや、「わたしは人類」同様にライブのクライマックス曲としてお馴染みの「FLASHBACK」、ストリングスを交えた演奏が大反響を呼んだ「弁天様はスピリチュア」など、ライブ版の音源化が熱望されていた数々の楽曲が、待望の初音源化。

本作『調べる相対性理論』はCDに加え、高音質45回転重量盤12インチアナログレコードでも発売が発表されていたが、さらなる音質向上のためアナログレコードの組み枚数が2枚組から3枚組に増加。高音質45回転重量盤12インチアナログレコード3枚組仕様で発売される。
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YMO」のニュース

次に読みたい関連記事「YMO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「聖飢魔II」のニュース

次に読みたい関連記事「聖飢魔II」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月12日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。