ローリングストーン誌がおすすめするレコードのクリーニングとお手入れ方法

ローリングストーン誌がおすすめするレコードのクリーニングとお手入れ方法
レコードクリーナーブラシから保管用ジャケットにいたるまで、レコードをいつまでもきれいな状態に保ってくれるグッズでリスニング体験をアップグレードしよう。

レコードの年代に関わらず、レコードならではの温かみのある豊かな音質を保つには、少しばかりのお手入れが必要だ。ありがたいことに、レコードの問題の多くはどれも直しやすいものばかり。今回は、ローリングストーン誌がレコードのお手入れに役立つシンプルなガイドを作成。レコードクリーナーブラシ、ジャケット、スプレー、クレートにいたるまで、ローリングストーン誌イチ押しのケアアイテムと使い方を紹介する。

1. レコードクリーナーブラシ
ローリングストーン誌がおすすめするレコードのクリーニングとお手入れ方法

持っているレコードがプレスされたばかりの新品であれ、いまも生きているビートルズのメンバーよりも古いものであれ、ちょっとしたクリーニングで音質はガラリと変わる。レコードの魅力を最大限に引き出すには、Boundless Audioのブラシのようなレコードクリーナーがおすすめだ。レコード用ブラシは、必ず静電気を除去してくれるものを使うのがポイント。通常のブラシはレコードに静電気を発生させ、大切なオリジナル盤『ラバー・ソウル』を磁石へと変え、溝にほこりを詰まらせてしまう。レコードの掃除なんて面倒だ、と思うなら、部屋中のほこりがレコードにかかるまで待ってみればいい。

ブラシを使う時は、レコードをターンテーブルにのせてから電源を入れよう。次に、ブラシを直角に持ち、その下でレコードを回転させる。レコードが回っているあいだ、溝の内側から外側に向かってブラシを動かすのがポイントだ。ひとつだけ気をつけないといけないのは、あまり力を入れ過ぎないこと。たしかに。これはレコード専用ブラシだが、必ずしも誰にでも簡単に扱えるものではないのだ。ブラシを押さえつけすぎると溝に傷が生じるだけでなく、掃除したいほこりがなかに詰まってしまう。軽く優しくスワイプするように動かせば、レコードはもっときれいになる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月22日の音楽記事

次に読みたい関連記事「前川清」のニュース

次に読みたい関連記事「前川清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。