キースとロニー・ウッドが語る、ローリング・ストーンズ流セットリストの作り方

キースとロニー・ウッドが語る、ローリング・ストーンズ流セットリストの作り方
ザ・ローリング・ストーンズのアメリカツアー直前、ロニー・ウッドとキース・リチャーズにバンドがどのようなセットを計画しているのかを訊いた。キースが、ショウ幕開けで演奏する一番好きな曲は? ミックはなぜ「ビースト・オブ・バーデン」の演奏が好きじゃないのか? U.S.ツアー開始前に、バンドがどのようなショウを繰り広げるかを読者のみなさまに共有しよう。

ザ・ローリング・ストーンズはこれから行われる毎日のショウで、どの曲をプレイするかを決めるシステムがあると言う。コンサートの日には、バンドは通常、午後にサウンドチェックを行う。そしてミック・ジャガーはキーボーディストのチャック・リーヴェルと共に、セットリストを作る仕事に取り掛かる。決めるにあたって必要なものはこのようなものだ:前回のその町で最後にプレイした曲を確認し、繰り返しにならないようにすること。そしてジャガーが自身の声のことを考え、声が出せる曲であること。時々、バンドが提案することもある:「彼はすごく正直なんだ」と、ギタリストのロニー・ウッドは言う。「彼は、”うーん、答えはノーだ。ここではきっとウケないよ”とか、”その曲、この町でやりすぎじゃないか”って言われることもある。かと思えば、”いいね、やろうよ”と言われることもあるから、予想ができないんだけど、なぜ、その曲をやらないかの理由がいつも明確なんだよ」

ウッドはバンドには”曲のストック”があると言う— —例えば「ブラウン・シュガー」や、「ダイスをころがせ」と言った楽曲だ——彼はその曲を「ショーのご馳走」だと考えていて、ここ最近のツアーで演奏した彼のお気に入りの楽曲はファンに驚かれていた。そこには、1965年の「プレイ・ウィズ・ファイア」(「キースと俺で、アコースティックでこの曲をもっとたくさんプレイしたいと思ってる」)、そして1989年の「ミックスト・エモーションズ」(「これはどこからともなく演奏することが決まったんだ— —ミックが”この曲できるかな? ”と聞いていたんだよ」)も含まれている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月24日の音楽記事

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティービー・ワンダー」のニュース

次に読みたい関連記事「スティービー・ワンダー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。