テイラー・スウィフトを憤慨させた、米エンタメ界の敏腕スクーター・ブラウンの野望

テイラー・スウィフトを憤慨させた、米エンタメ界の敏腕スクーター・ブラウンの野望
先日、音楽業界を騒がせたテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動。テイラーは、所属していたレーベルの身売りによって、デビュー・アルバムから直近の『レピュテーション』までの原盤権を、ブラウンが獲得したことに憤慨し、SNS上で今までの嫌がらせ行為などを非難中傷した。現在、米音楽業界で様々な企業を買収しているイサカ・ホールディングスの筆頭株主である、スクーター・ブラウンとは何者なのか? そして何をしようとしているのか? 今回の騒動から、現在注目されているイサカ・ホールディングスの動きについて、ローリングストーン誌が考察する。

音楽業界で先週繰り広げられたテイラー・スウィフトとスクーター・ブラウンの騒動が、実はPRキャンペーンの一環として画策されたものだと、一瞬だけでも考えてみよう。あの騒動が画策されたものだと信じているからそう言っているのではないと、読者も理解しているはずだ。しかし、これは仮定の話だが、もしあの騒動が作り物だったとしたら、あのPRキャンペーンは良いことなしの失敗企画となるだろう。

Google Trendsによると、過去3ヵ月間で「テイラー・スウィフト」が最も検索されたのは4月26日で、パニック・アット・ザ・ディスコのブレンドン・ユーリーをフィーチャーしたカムバック・シングル「ME!」がリリースされたときだ。「ME!」はスーパースターの鮮烈なカムバック曲としてそれなりのインパクトを与えたが、Lil Nas Xのおかげで、アメリカ国内最大の音楽チャートで1位になることはできなった。それ以来、Google検索上でチーム・スウィフトは春のカムバック当時の人気度を取り戻せないでいる。「ME!」に続く第二弾としてシングル「You Need to Calm Down」を6月14日にリリースし、LGBTQを扱って話題になったミュージックビデオも公開したが、それでも人気は戻ってこない。

あわせて読みたい

テイラー・スウィフトのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「テイラー・スウィフト + 曲」のおすすめ記事

「テイラー・スウィフト + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「テイラー・スウィフト + 公演」のおすすめ記事

「テイラー・スウィフト + 公演」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビヨンセ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月14日の音楽記事

キーワード一覧

  1. テイラー・スウィフト キャッツ
  2. テイラー・スウィフト 公演
  3. テイラー・スウィフト 曲

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。