カート・コバーンの娘、アパレルコレクション『Kurt Was Here』を始動

カート・コバーンの娘、アパレルコレクション『Kurt Was Here』を始動
カート・コバーンのひとり娘、フランシス・ビーン・コバーンは、父が遺したスケッチ、絵、手書きのメモなどをモチーフにしたTシャツ、スウェット、パーカーなどのアイテムを『Kurt Was Here』というブランド名で発売を開始。

1994年に突然この世を去って以来、カート・コバーンは、書籍からトリビュートアルバムにいたるまで、ありとあらゆる形で永遠の命を生きてきた。そしていま、ニルヴァーナのフロントマンの功績は、公式アパレルコレクションとして称えられることが決定した。本コレクションは、コバーンのアートワークや日記のプライベートな書き込みからインスパイアされている。

コバーンのひとり娘、フランシス・ビーン・コバーンが自らキュレーションを手がけた『Kurt Was Here』コレクションの目玉はカート・コバーンのスケッチ、絵、手書きのメモをあしらったTシャツ、スウェット、パーカーなどのアイテムだ。本コレクションは、コバーンの遺産のビジネス部門であるThe End of Music, LLCと、アーティストグッズを手がけるLive Nation Merchandiseのコラボレーションによるもので、米現地時間9月9日より百貨店のバーニーズ、英百貨店のセルフリッジズ、さらにはオンラインストアKurtCobainShop.comから発売された。

本コレクションは、合計50以上のアイテムで構成されている。スタイルとサイズはユニセックスだ。Live Nation Merchandiseによると、デザインはコバーンの直筆アートワークをそのまま利用しており、最低限の統一感は保ちつつも、ウェアに合わせるため、いかなる編集やサイズ変更も行なっていない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ニルヴァーナ 六本木
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年9月12日の音楽記事

「ニルヴァーナ + 六本木」のおすすめ記事

「ニルヴァーナ + 六本木」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。