KISS最後の来日ツアーが仙台にて開幕、バンドのすべてを凝縮した「完璧な2時間」

KISS最後の来日ツアーが仙台にて開幕、バンドのすべてを凝縮した「完璧な2時間」
KISS最後のジャパン・ツアーが仙台にて開幕。ジーン・シモンズの来日取材も行った、音楽ライター・増田勇一による初日のレポートをお届けする。

今年1月より、ツアー活動の終了を示唆する『END OF THE ROAD』というタイトルを掲げながら、2年半がかりのワールド・ツアーを開始しているKISSが、欧米での約100本に及ぶ公演を経て、12月5日に日本上陸。同8日、ゼビオアリーナ仙台にて、最後のジャパン・ツアーが幕を開けた。

レッド・ツェッペリンの「ロックン・ロール」が流れるなか、開演定刻の午後6時ちょうどに場内は暗転。お馴染みの「ベストなものが欲しいか/それをおまえは手に入れた/世界でいちばんホットなバンド」という意味合いの言葉が荒々しく挑発的にアナウンスされると、すぐさまオーディエンスを興奮へと導くかのような象徴的なイントロが聴こえ、ステージを覆いつくしていた幕が落ち、まばゆすぎるほどの照明のなか、爆音が轟き、大量の火炎が噴出する。そして、天空の世界からメンバーたちがゆっくりと降りてくる。例によってこのバンドは、最初の登場シーンひとつでオーディエンスのハートをがっちりと掴んでしまう。

オープニング・チューンの正体は、敢えてこの文脈のなかでは書かずにおく。もちろんすでに情報は広まっているはずだし、KISSが1曲目に披露する鉄板曲といえば熱心なファンならずとも想像がつくことだろうが、これから先に控えている各地での公演を予備知識のない状態で楽しみたいという人たちへの邪魔はせずにおきたい(こちらの記事の下部にはセットリストも掲載しているので、いわゆるネタバレを避けたい読者はご注意のこと)。ただ、KISSのショウが、演奏内容やそれに伴う演出などについてすべて把握した状態で臨んでも興奮を抑えきれないものであるのも、また事実。ジーン・シモンズが火を吹き、血を吐き、ポール・スタンレーがフロア後方に設えられたサブ・ステージへと空中移動するといった定番の見せ場は漏れなく組み込まれているし、ステージ・セットにしても映像にしても、すべてが最新鋭のものにアップ・グレードされている。曲の数と同じだけではなく、過剰なほどに趣向が凝らされているから、目に飛び込んでくる光景や、そこでのさまざまな出来事、メンバーたちの振る舞いや発言といったものが、頭のなかで整理しきれなくなるほどだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュース

次に読みたい関連記事「アイアン・メイデン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。