INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」

INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」
拡大する(全5枚)
結成30周年を迎えたLUNA SEA10枚目のオリジナルアルバム『CROSS』。このアルバムを共同プロデュースしたのが、U2、ピーター・ガブリエル、ザ・ローリング・ストーンズ、トーキング・ヘッズ、モリッシー、MGMT、サーティー・セカンズ・トゥー・マーズなどを手掛けてきた世界的な音楽プロデューサーであるスティーヴ・リリーホワイト。そのスティーヴ・リリーホワイトとLUNA SEA・INORANの対談が実現した。

―まずは2人の出会いから教えてください。

スティーヴ:4年くらい前だったと思うけど、東京でコンベンションがあって東京に来たんだ。そこで共通の友人を介してINORANと初めて会って、お茶したり、ちょっと飲んだり。で、友達になったんだよ。その後今度バンコクでINORANのソロのライブがあった時に呼ばれて行って、その時一緒になにかやらないか?みたいな話をしたんだけれどもタイミングが合わなかった。その後INORANを通じて今度はLUNA SEA本体のバンドと知り合い、LUNASEAから仕事の話をもらったんだ。僕個人としては、ソロアーティストよりバンドと仕事をすることが自分には向いていると思っていて。それで、INORANのソロよりLUNA SEAとやってみようかと思ったんだ。でもバンドを理解するためにはやっぱりライブを観ることが大事なので、今度はLUNA SEAのライブを観に日本へ来た。やっぱりスタジオだと頭だけで考えてしまうけど、コンサートとパフォーマンスでバンドの真価がわかるからね。で、そこからすべてが始まったんだ。

この記事の画像

「INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」」の画像1 「INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」」の画像2 「INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」」の画像3 「INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」」の画像4
「INORANとスティーヴ・リリーホワイトが語る、LUNA SEAの「多様性」と「バンド力学」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク