King Gnu、怒涛の2019年と『CEREMONY』の裏側を明かす

King Gnu、怒涛の2019年と『CEREMONY』の裏側を明かす
2010年代の音楽を語る上で、2010年代最後に頭角を現した、音楽家・常田大希率いるKing Gnuの存在を抜きにするわけにはいかないだろう。

星野源ceroSuchmosもやってきた、ブラックミュージックをいかに日本語ポップスに昇華させて面白い音楽を作るかという試みにおいて、King Gnuはクラシックや現代音楽の要素などをも高次元で混ぜ合わせて文化をさらに前進させ、しかも「日本の大衆歌を作る」と高らかに宣言しながら、それをメジャーデビューからたった1年未満で見事に実現してしまったのだから、拍手を送らずにはいられない。

ただ、彼らの音楽が宣言通り大衆歌となった2019年、King Gnuは疲労困憊状態に陥っていたことを、このインタビューで知ることとなる。音楽シーンに限らず世の中全体を見渡しても、2010年代は「効率化」が進められた時代であったと言えるだろう。しかし、効率ばかりを求めていると、やはりこぼれ落ちてしまうものがある。そしてそれらが、実はとても大切だったりする。King Gnuはそのことに気づき、そして私たちにも教えてくれた。人と人のあいだに生まれる信頼、愛、熱量を大切にしてきた4人のミュージシャンたちは、2020年以降、どこへ行くのだろう。

※この記事は2019年12月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.09』に掲載されたものです。

大きくなる中で苦しさが溜まった2019年

あわせて読みたい

常田大希のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「常田大希 + twitter」のおすすめ記事

「常田大希 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「常田大希 + Instagram」のおすすめ記事

「常田大希 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 常田大希 Instagram
  2. 常田大希 twitter

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。