鮎川誠が語ったシナロケの矜持「ロックの世界はタイムレス、エイジレス」
拡大する(全3枚)
バンド初となるライフタイムカバーアルバム『LIVE FOR TODAY!』(全18曲入り)を、シーナの5回目の命日=2月14日にリリースするシーナ&ロケッツ。本作の聴きどころの一つであるシーナのラストレコーディング音源を中心に、このアルバムへの想いを鮎川誠に訊いた。

―本アルバムの最初の7曲は、前作『ROKKET RIDE』(2014年)のレコーディングの合間にビクターのスタジオでレコーディングした音源だそうですね。

そうです。テープを回しとったんよ、一日。俺たちもいろんなレコーディングしてきたけどね、ニューヨークに初めて行った時、『Happy House』(1988年)のレコーディングやったけれども、予定よりも早く曲を録り終わって、エンジニアに「時間があるけん、遊んだら?」って言われて調子に乗って録ったんよ。その時が初めてやったのかな。それまでは結構レコーディングってきちきちやりよったし、1週間の枠の中で、歌入れだ、オーバーダブやらもしよったの。でもNY以降はスタジオでそういう遊びの時間も大事っちゅうか、楽しんでね。のびのびなる、一応ミッション=レコーディングが終わった後やけんさ。それで今回のアルバムの最初の7曲の音源になったのは、『ROKKET RIDE』という2014年にレコーディングをしたアルバムの時やね。その時はちょうどローリングストーンズが、来た時でね。シーナ&ロケッツのメンバーみんなで東京ドームに観に行って。それで強力なエネルギーをみんなで浴びて。で、『ROKKET RIDE』も3日間、ビクタースタジオでせーのでライブレコーディングじゃ!っちゅう感じで。もう予定は立てとったけれども、殊の外捗って2日間で録りたい曲全部録ったんよ。それで、『もう一日あるね』って。『何もしないのはもったいないね』って。何しろビクターの青山スタジオっちゅうところは、天井もビル3階分ぐらいぶち抜いたような巨大スタジオで、あそこでせーのでやると、気持ちがいいんよ。それでちょっとでも音を残したいっちゅうのもあって、最後の一日はなんかやろうってなって。

この記事の画像

「鮎川誠が語ったシナロケの矜持「ロックの世界はタイムレス、エイジレス」」の画像1 「鮎川誠が語ったシナロケの矜持「ロックの世界はタイムレス、エイジレス」」の画像2 「鮎川誠が語ったシナロケの矜持「ロックの世界はタイムレス、エイジレス」」の画像3