DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?
拡大する(全6枚)
DJ後藤まりこが2020年2月29日(土)、5年ぶりにリリースした新アルバム『ゲンズブールに愛されて』のレコ発ツアー〈Je taime, mon amour Tour 2020〉の東京公演を渋谷WWWにて開催した。本記事では、渋谷の地下で熱狂の渦を巻き起こしたライブの様子をレポートする。なお、本公演はYouTubeで生配信された。

鬱々とした空気が日本に広がっている。2020年2月29日(土)、日本ではコロナウイルスが漠然とした不安とともに蔓延。さらに追い討ちをかけるように、人に希望を見せるはずのライブやイベントが中止に追いやられている。そんな空気の中、開催された本公演。「不要不急の外出は避けろ」という政府からのお達しもあり、希望者を対象にチケットの払い戻しは受け付けられた。しかし、それでも来場の必要に駆られた多数の観客が渋谷WWWを埋めた。

DJ後藤まりこは、「生」を体現するアーティストである。時には、ステージのセットから飛び降り死にそうになりながら、生の限りを尽くし叫んできた。今日はその叫びがこの空気をどう揺らすのか、期待に胸を膨らませ開演を待った。

18時10分、待ちきれぬ観客から「DJ!」コールが巻き起こる中、客電が落ちると、新アルバムの1曲目「Loved by Gainsbourg.」を思わせるSEが流れ、後藤が登場。「DJ後藤まりこです。よろしくお願いします! 渋谷WWW遊びましょう!」と告げると「真冬の甲子園」へ。バイオレンスなビートの上で叫ぶ彼女。観客前の柵上に立つとそのままダイブでフロア中段へ。会場には風船や紙吹雪まで飛び交い、熱狂が轟々と渦巻き始めた。

この記事の画像

「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像1 「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像2 「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像3 「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像4
「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像5 「DJ後藤まりこの叫びは、現在の空気をどう揺らしたのか?」の画像6