ゼイン・ロウが語る2010年代「音楽の環境はより健全になり、人々の意識も変わった」

ゼイン・ロウが語る2010年代「音楽の環境はより健全になり、人々の意識も変わった」
2010年代の音楽を考えるうえで、定額制配信サービスの普及は欠かせない。すでに全米では売上の75%を占め、ビジネスからコンテンツ、視聴スタイルまでCD時代の常識を塗り替えてきた。

Apple Musicのラジオ局「Beats 1」でDJ兼クリエイティブ・ディレクターを務めるゼイン・ロウも、その可能性を信じる一人。本邦初の電話インタビューで、ストリーミングの「聴き放題」がもたらした変化と、思い描く未来像を語ってもらった。

ストリーミング時代のラジオでゼイン・ロウの哲学はどう変わった?

ー2003~2010年頃、日本からオンラインでBBC Radio 1にアクセスし、あなたの番組をチェックしていた日々は特別な体験でした。いつもジャンルや新旧、アンダーグラウンドからメインストリームを問わず選曲していましたよね。ニルヴァーナがかかったかと思えば、ペンドゥラムやプラン・B、リンプ・ビズキットもかかったりする。

ゼイン:嬉しいよ、ありがとう。

ーそういう原体験がある私からすると、あなたがBeats 1に移った今も世界中のリスナーに最高の曲を届けているのは自然の成り行きのように見えます。あなたにとってもそう思えるプロセスだったのでは?

ゼイン:いや、実はそうである部分と、そうでない部分があったんだ。ロンドンでやってたラジオ番組からの流れを汲み、さらに幅広い音楽を取り入れたプログラミングをする、という意味では自然なことだった。もともと、僕がやって来た番組のクロスジャンル的な……仮にジャンルがあるとすれば”great”だっていう考え方を気に入ってもらえたからこそ、僕に声がかかったわけで。ジミー・アイオヴィンがいつも言ってたのは、何はともかく”greatな”ものでなきゃダメだってこと。つまりジャンルを自ら狭め、縮こまってしまってはいけない。それより、いいものを作ることだけ考えるべきだと。その部分は僕の考えと一緒だったんだ。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「10-FEET」のニュース

次に読みたい関連記事「10-FEET」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「androp」のニュース

次に読みたい関連記事「androp」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SiM」のニュース

次に読みたい関連記事「SiM」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。