デヴィッド・ボウイが黒人差別を訴える、MTVインタビューを回想「放送局は公正であるべき」

デヴィッド・ボウイが黒人差別を訴える、MTVインタビューを回想「放送局は公正であるべき」
フロイドさんの事件をきっかけに、Black Lives Matter運動が世界中で激化している。1983年、創業したばかりのMTVにインタビュー出演をしたデヴィッド・ボウイは、当時ブラック・ミュージックをオンエアしない当局に対し、正面から問い詰めた。その感動的なインタビューを回想する。

2016年1月10日にデヴィッド・ボウイが亡くなったという驚愕のニュースが世界を駆け巡ったあと、世界中の人々が涙にくれながらボウイの古いレコードを引っ張り出し、50年にわたる輝かしいキャリアの瞬間をとらえた映像を見返した。そのなかでももっとも興味深い映像が、MTVのVJマーク・グッドマンによる1983年のボウイのインタビュー映像だ。実際、この映像はMTVを礼讃する内容ではない。アルバム『レッツ・ダンス』のプロモーションのかたわら、ボウイは創業3年目を迎えた音楽専門チャンネルに黒人アーティストのミュージック・ビデオを放送しない理由をたずねた。「ここ数カ月間MTVを観て言えるのは、MTVが多くの人に指示されるしっかりした事業だということ」とボウイは言う。「ただ、フィーチャーされる黒人アーティストがあまりに少ないのは驚きだ。どうしてだろう?」

質問をぶつけられたグッドマンはかなり気まずい思いをする。そこで、彼は雇い主であるMTV擁護に走る。「僕個人としては、その方向に進もうとしていると思います」とグッドマンは言う。「MTVは、自社がオンエアしたいと思えるような音楽性を備えたアーティストの楽曲をフィーチャーしたいと考えています。会社としては、特定少数を対象としたキャスティングを狙っているんです」グッドマンの中途半端な回答は、ボウイの質問に対する答えにはなっていない。「ごく一部の黒人アーティストがオンエアされるとしても、午前2時半から6時の時間帯と限定されている」とボウイは言う。「日中に大々的にフィーチャーされるのは、そのなかでもわずか一握りだ。この2週間にわたって状況は変わってきているけれど、そのプロセスにはスピード感がないね」。

あわせて読みたい

デヴィッド・ボウイのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「雅-miyavi-」のニュース

次に読みたい関連記事「雅-miyavi-」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ボブ・ディラン」のニュース

次に読みたい関連記事「ボブ・ディラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。