世界3大レコード会社、来年1月まで在宅勤務継続を決定

       
世界3大レコード会社、来年1月まで在宅勤務継続を決定
米市場を牽引するIT企業に続き、世界3大レコード会社のユニバーサルミュージック、ソニー・ミュージックエンタテインメント、ワーナー・ミュージック・グループが従業員に対して年内は在宅勤務を継続するよう要請した。

来年お会いしましょう! ここ数日のうちに世界3大レコード会社のユニバーサルミュージック(以下、ユニバーサル)、ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、ソニー)、ワーナー・ミュージック・グループ(以下、ワーナー)は、米国勤務の従業員に2021年1月まで在宅勤務の継続を呼びかける内容の内部メモを発信した。

本誌が入手した3社の内部メモには、米国における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者がいまだに出ているため、従業員の年内のオフィス復帰の目処が立たないと書かれていた。

テイラー・スウィフト、ドレイク、ビリー・アイリッシュ、エルトン・ジョンといったアーティストを擁するユニバーサルは、米現地時間7月28日の夕方に従業員に次のように告知した。「早くて2021年1月末まで(これを超える可能性もあります)は、従業員の米国オフィスへの大々的な復帰を見送ることが現時点での最良の判断だと考えています」。

ブルーノ・マーズ、カーディ・B、レッド・ツェッペリンなどのアーティストを抱えるワーナーも米現地時間7月29日に従業員にメッセージを発信。当初は9月頃を目処に大半の従業員のオフィス復帰を予定していたものの、「早くても米国オフィスへの復帰は来年1月、英国オフィスへの復帰は10月まで延期せざるを得ません」と発表した。
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月5日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。