ビートルズ最後の傑作『アビイ・ロード』完成までの物語

ビートルズ最後の傑作『アビイ・ロード』完成までの物語
拡大する(全2枚)
ローリングストーン誌による「歴代最高のアルバム500選 | 2020年改訂版」の関連企画として、重要作の制作過程に焦点を当てた記事を公開する。今回は5位のザ・ビートルズ『アビイ・ロード』(1969年発表)について。人間関係は最悪となっていたが、バンドは再び一つにまとまって最後の傑作を生み出した。(※以下の記事は、2011年のRS誌ビートルズ特集号が初出)

●【画像を見る】ビートルズの素顔を捉えた、1965年の未発表写真ギャラリー

ビートルズ最後の傑作『アビイ・ロード』完成までの物語


彼らの終焉の日々を決定づける形となった軋轢の中、いよいよビートルズは自分たちの最後の、そして極めて重要な意味を持つであろう共同作業のために再結集した。それは7年に及んだ協調の一つのクライマックスだった。一緒に成長し、そして今や別々の道へと歩み出すことを始めていた4人は、やりかけのままだった作品の断片を集めなおし、それらを輝かしき記念碑へと作りかえたのだ。

ある時点まで同作は『エヴェレスト』というタイトルになる予定だった。バンドの経歴の最高峰という意味だ。『ホワイト・アルバム』の制作過程で生じていた小さくない怨嗟と、やがては来たる1970年に彼らの最後のアルバム『レット・イット・ビー』として世に出ることにもなる例の災厄のようなセッションの後では、ビートルズも慣れ親しんだ場所へと立ち戻る必要があった。解散のぎりぎり瀬戸際というこの状況で彼らは、年来のつき合いだったプロデューサーであるジョージ・マーティンを呼び戻し、古巣とも呼ぶべきスタジオへと還ることにした。アビイ・ロードだ。せめて自らの手で最後通牒を刻み込むためだった。

この記事の画像

「ビートルズ最後の傑作『アビイ・ロード』完成までの物語」の画像1 「ビートルズ最後の傑作『アビイ・ロード』完成までの物語」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ビートルズ」に関する記事

「ビートルズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ビートルズ」の記事

次に読みたい「ビートルズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク