矢沢永吉がロックで上り詰めるまで 1970年代の楽曲とともに語る

       
黒く塗りつぶせ / 矢沢永吉

1977年発売、3枚目のアルバム『ドアを開けろ』の中の「黒く塗りつぶせ」。拍手しましたね。胸のすくようなロックンロールでありました。当時の矢沢さんは26歳。ドアを開けろ、そこを通せ、俺の邪魔をするなと言わんばかりです。矢沢さんの還暦の東京ドーム公演がありまして、そのライブを観に行った時に、シークレットゲストで氷室京介さんとザ・クロマニヨンズのヒロトさんとマーシーさんが出てきて、この曲を一緒に歌いました。

続いて、矢沢さんからのコメントをご紹介いたします。矢沢さんからのコメントに続いて、1975年発売の1stアルバム『I LOVE YOU,OK』のタイトル曲であり、最初のシングル曲でもありました「アイ・ラヴ・ユー, OK」。これを10月21日に発売の3枚組アルバム『STANDARD~THE BALLAD BEST~』からお聴きいただきます

矢沢永吉:1970年代と言えば、矢沢がキャロルでデビューして、2年半のキャロルの活動を解散、Eikichi Yazawaとしてソロでやっていく。まあ、すごい時だよね。1970年代の矢沢……。がむしゃらで必死で、唾を飛ばしながら言いたいことを言っていた。ただ分かりやすかったことは、上に行きたい! あの星を掴むんだ! ってこと。普通もうちょっと黙ってれば神秘的でかっこいいのに、自分の想いというものをインタビューでもなんでもぶつける、尖ってる矢沢でした。やかましい矢沢。うるせえ矢沢。全部同じ意味か。そんなど真ん中だったと思うなあ。でも今、僕は遥か彼方、40年以上前のデビューした頃の話をチラッとしたんですけど、今は71歳になって当時の矢沢を振り返ってみると、あれはあれで良かったんじゃないかな? やっぱり20代の頃に「この扉を開けるんだ! 開くかな? 開かないのかな? いや、開かないはずがない!」っていうあの頃。青くて無我夢中でいいんじゃないかな。そういう矢沢だったんじゃないかなと思うし、それはそれで非常に素敵だったと思います。自分で自分のことを素敵だったって言いたくなるような。

あわせて読みたい

矢沢永吉のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「矢沢永吉」に関する記事

「矢沢永吉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「矢沢永吉」の記事

次に読みたい「矢沢永吉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 矢沢永吉 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。