矢沢永吉がロックで上り詰めるまで 1970年代の楽曲とともに語る

       
世話がやけるぜ / 矢沢永吉

なんというんでしょうね、この桁違い感と言いましょうか。ごちゃごちゃ言ってんじゃねえ! みたいな熱がそのままロックンロールになってる曲は、矢沢さんの中にはいっぱいあります。お聴きいただきましたのは、1977年のアルバム『ドアを開けろ』から「世話がやけるぜ」。1stアルバムの『I LOVE YOU,OK』では、プロデューサーがトム・マックという映画音楽で有名な人で、映画『ゴッドファーザー』など手がけた人です。2枚目のアルバムから、矢沢さん自身でプロデュースするようになって、『ドアを開けろ』はプロデュース、曲のコンセプト、アートワーク全てを自分でやられた。そういう意味では、1970年代だけではなく日本ロック史に残る傑作アルバムだと思っております。

チャイナタウン / 矢沢永吉

『ドアを開けろ』からもう一曲「チャイナタウン」。『STANDARD~THE BALLAD BEST~』からお聞きいただいてます。これは、1998年のアルバム『SUBWAY EXPRESS』のバージョンです。1970年代の日本のロックの中では群を抜いてお洒落な曲だと思っておりますが、当時ソロになって3年です。1976~1977年は日比谷野音、武道館、そして1978年は後楽園球場。これだけのサクセスストーリーというのは史上初めてだったでしょうね。しかも状況は決して順風満帆ではなかった。矢沢のライブは喧嘩が起きる、危険だから小屋を貸さないという会場があったりもして。そういう中で矢沢さんが掲げていた旗は、ロックンロール十字軍。十字軍はキリスト教の遠征のことを指すんですが、あの時は、ロックを日本中に普及させるんだという旗でしたね。デビューした時のレコード会社が、ソロになってから無断でデビュー前の音源を発売した時、レコード会社と戦ったりしたんですね。1975年に

あわせて読みたい

矢沢永吉のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「矢沢永吉」に関する記事

「矢沢永吉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「矢沢永吉」の記事

次に読みたい「矢沢永吉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 矢沢永吉 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。