Kroiが語る、「ネオミクスチャー感」を司るグルーヴの背景

Kroiが語る、「ネオミクスチャー感」を司るグルーヴの背景
       
この新星は、すごく刺激的な音と存在感を放っている。

内田怜央(Vo)、長谷部悠生(Gt)、関将典(Ba)、益田英知(Dr)、千葉大樹(Key)の5人から成るKroiにはさまざまな音楽ジャンルの背景にある文化や方法論を濃密に理解し、享受したうえで固有の音楽像を獲得するという本質的な意味でのミクスチャー性を感じる。彼らには”ネオミクスチャーバンド”とでも言うべき説得力と魅力がある。早耳のリスナーからはすでに熱い視線が送られているが、間違いなくここから大きく飛躍していくであろうKroiの結成から現在までの軌跡を語ってもらった。

─2018年2月の結成からここまでのスピード感はかなりものだと思うんですけど、メンバーの実感としてはどうなんですか?

関将典:今年はライブがなかなかできない状況ですけど、去年まではライブをがむしゃらにやり続けてきて、それが着実にバンドの力になっているのかなと思います。でも、ここまでのスピード感が速いのか遅いのかというところで言うと難しいですね。

内田怜央:でも、2年前に今の状況は想定してなかったかもしれないですね。

関:そもそも2年前はどうやったらライブハウスでライブができるのかもよくわかってなかったからね。

─Kroiの初ライブはどこのハコだったんですか?

長谷部悠生:新宿red clothですね。

内田:俺と長谷部が前にやっていたバンドのつながりで仲のいい人がred clothにいて。前のバンドでオファーをもらったタイミングでKroiを結成したので、じゃあこのままKroiとして出演しようとなって。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。