キース・リチャーズが語るロックンロールの真髄、最高のリフを作る秘訣、BLM運動への共感
拡大する(全1枚)
ローリング・ストーンズの最新アルバムを鋭意制作中のキース・リチャーズ。1991年発表のライブ・アルバム『Live at the Hollywood Palladium』のボックスセットを11月13日にリリースした彼が、エクスペンシヴ・ワイノーズとの思い出、チャック・ベリー、ジェームス・ブラウンとBLM運動、そしてロックンロールから学んだ人生観を語る。

【写真ギャラリー】キース・リチャーズの音楽人生を振り返る

9月の終わりにキース・リチャーズは半年ぶりに仕事復帰した。マンハッタンにあるGermano Studiosに到着した彼は体温が97.8°F(=36.5℃)だと自慢気に言う(「寒くて凍えてるよ」と)。このスタジオでローリング・ストーンズの次回作の制作が再開されたのである。「昨日このスタジオにやって来るときに、この部屋に3月初めに入ったことを思い出した。ここでいつも通りに作業を進めていたのに、翌日に面倒な状況になったわけだ」と言って彼は大笑いする。「そして昨日、デジャヴみたいな感覚を覚えたよ。今は仕事ができてとても嬉しい。今、世間には大して仕事がないだろう?」と続ける。

今年の初めに、ストーンズは慌ただしく「Living in a Ghost Town」をリリースした。ムーディーでソウルフルなロックナンバーで、ロックダウンで生き残る内容の歌だ。新作アルバム用にこの曲をレコーディング済みだったが、この楽曲を先行リリースした理由を「あの状況にピッタリだと思ったんだよ」とキースが説明する。キースはアメリカ在住だが、