未だ謎多きUKバンド、ジャンゴ・ジャンゴが「音楽のモンスター」になるまでの物語

未だ謎多きUKバンド、ジャンゴ・ジャンゴが「音楽のモンスター」になるまでの物語
拡大する(全2枚)
2009年の結成以来、孤高の存在感を放ってきたジャンゴ・ジャンゴが通算4作目のニューアルバム『Glowing in the Dark』をリリースした。シャルロット・ゲンズブールのゲスト参加も話題の本作では、サイケからダンス、カルトまで古今東西の音楽を繋ぐエクレクティシズムと、英国特有の突き抜けたユーモアセンスにますます磨きがかかっている。ここ10年のUKロックシーン屈指の実力派にして、突出した変わり種でもある彼ら。未だ謎多き4人組の魅力を掘り下げるべく、ドラマー兼プロデューサーのデイヴ・マクリーンにZoom取材を行った。

DJカルチャーと折衷主義

—『Glowing In The Dark』のリリース記念でDJセットを披露していましたよね。DJ歴はもう長いんですか?

デイヴ:DJをはじめたのは1992年くらいだね。兄貴(2015年公開『スロウ・ウエスト』で知られる映画監督のジョン・マクリーン)が自分の部屋にデッキを持ってたんだ。ちゃんとしたセットというより、古いターンテーブルが2つあっただけだけど。それで、その翌年くらいから自分でヒップホップのDJをはじめたんだ。

—ドラムをはじめたのは?

デイヴ:ドラムセットを買ったのはもう少し後、1994年だね。4トラックのサンプラーを持っていたから、自分でドラムループを作ったり、ミックスしたりしてみたくて。それから学校でバンドを初めて組んで、ストーン・ローゼズのカバーをやったりしたよ。ジャンゴ・ジャンゴの結成はそこから10年くらい後の話だけど、それが音楽をはじめたきっかけかな。

この記事の画像

「未だ謎多きUKバンド、ジャンゴ・ジャンゴが「音楽のモンスター」になるまでの物語」の画像1 「未だ謎多きUKバンド、ジャンゴ・ジャンゴが「音楽のモンスター」になるまでの物語」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク