イマジン・ドラゴンズが語るバンド再始動の裏側、リック・ルービンと幻覚体験

イマジン・ドラゴンズが語るバンド再始動の裏側、リック・ルービンと幻覚体験
拡大する(全2枚)
今年3月、3年ぶりの新曲「フォロー・ユー」と「カットスロート」を発表したイマジン・ドラゴンズ。フロントマンのダン・レイノルズが、来たるニューアルバムにも参加しているプロデューサーのリック・ルービンと、ブラジル産の蔓性植物「アヤフアスカ」の手を借りて、バンドと人生を再構築した過程を説明してくれた。

リック・ルービンとの共同作業

一「カットスロート」はこれまでのイマジン・ドラゴンとはずいぶん違いますね。

ダン:リックとは特にこの曲に力を入れて取り組んだ。リックはこれまで仕事した他の誰とも違っていたよ。なにしろ伝説のリック・ルーベンだから、どうなるか全く予想がつかない。彼がカウチに寝そべって、カニエ・ウェストやらと仕事している姿以外はね。でも彼は、こっちの予想とはまるで違っていた。

一具体的には?

ダン:ずっと彼のことは、好きなようにやらせて全体を取りまとめるタイプ、もしくは口数の少ない人だと思っていた。でもそんな感じじゃなかった。彼は細かく指示を出すタイプで、積極的に関わってくれた。僕の予想通りだったのは、とても率直だった点かな。そこが一番好きだったところさ。たいてい僕らは自分たちの音楽を自分たちでプロデュースしてきた。いいように作用することもあるけど、大変な時もある。全然バラバラの方向を向いている4人が集まっているんだからね。でもリックは舵取りが上手くて、非常に率直で、歯に衣を着せたりしなかった。気に入ったら気に入ったと言うし、気に入らなければ最悪だと言った。僕らにはそれが必要だったと思う。

この記事の画像

「イマジン・ドラゴンズが語るバンド再始動の裏側、リック・ルービンと幻覚体験」の画像1 「イマジン・ドラゴンズが語るバンド再始動の裏側、リック・ルービンと幻覚体験」の画像2

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月8日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。