チャーリー・ワッツが80歳で死去 ローリング・ストーンズを支えたドラマー

チャーリー・ワッツが80歳で死去 ローリング・ストーンズを支えたドラマー
拡大する(全1枚)
ローリング・ストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが80歳で死去。「8月24日にロンドンの病院で、家族に囲まれ静かに息を引き取った」と広報担当者が発表した。

【画像を見る】ミックとキースの追悼ツイート

広報担当者の声明には「我々の愛するチャーリー・ワッツの死を発表することは、計り知れない悲しみを伴います。彼は本日、ロンドンの病院で家族に囲まれながら静かに息を引き取りました」と記されている。さらに、チャーリーを「同世代で最も偉大なドラマーの一人」と追悼。「この困難な時期に彼の家族、バンドメンバー、そして親しい友人のプライバシーを尊重してください」と締めくくっている。

pic.twitter.com/wi6333F6QF— The Rolling Stones (@RollingStones) August 24, 2021チャーリーの訃報が届いたのは、ストーンズの全米スタジアム・ツアー「ノー・フィルター」不参加が発表されてから数週間後のことだった。バンドの担当者は当時の声明で、「チャーリーの手術は完全に成功しましたが、彼の医師は適切な休養が必要であると判断しました。数週間後に始まるリハーサルを前に、控えめに言っても非常に残念ですが、このような事態になるとは誰も予想していなかったと言ってもいいでしょう」と述べていた。

「黒くぬれ」「ギミー・シェルター」「ブラウン・シュガー」などの代表曲で聴かれる軽やかなタッチ、独特のリズム感、完璧なフィーリングは、バンドの音楽を動かすエンジンそのもの。チャーリーは史上最も有名かつ尊敬されているドラマーの一人であった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク