追悼チャーリー・ワッツ ストーンズとの「最後のパフォーマンス」を振り返る
拡大する(全1枚)
8月24日に亡くなったチャーリー・ワッツを追悼。雨に濡れた「サティスファクション」は、彼が58年間在籍したストーンズにおける最後の瞬間だった。

【動画を見る】チャーリー・ワッツ、最後のステージで演奏した「サティスファクション」

チャーリー・ワッツが亡くなった。信じられないほど悲しいニュースが世界中に響き渡っている。彼は手術を受けていたため、次のストーンズのツアーに参加できないことは発表されていたが、80歳のドラマーは過去の健康問題を無傷で乗り越えており、その肉体は鋼でできているかのようだった。

チャーリーは1963年1月にローリング・ストーンズに加入。ミック・ジャガーキース・リチャーズ以外のメンバーでは唯一、すべてのレコードに参加している。また、58年の歴史のなかで一度もコンサートを欠席することはなかった。最後に行われたのは2019年8月30日、マイアミのハードロック・スタジアムでの公演。当初は翌日の夜に開催予定だったが、ハリケーンが同州に向かって猛威を振るっていたため、バンドは一晩前倒ししたのだった。

当日は「ホンキー・トンク・ウィメン」「スタート・ミー・アップ」「ブラウン・シュガー」といった定番ヒットから「アウト・オブ・コントロール」「デッド・フラワーズ」「スウィート・ヴァージニア」など通好みの曲を織り交ぜる、「ノー・フィルター」ツアーのスタンダードなショーが披露された。そして、最後はもちろん「サティスファクション」で締めくくられた。この時点で雨が降っていたが、ストーンズは物ともしなかった。もちろん、チャーリーは相変わらず平然としていた。