ロン・ウッドが語るストーンズからの学び、人生の秘訣、がんの恐怖に打ち勝った理由

ロン・ウッドが語るストーンズからの学び、人生の秘訣、がんの恐怖に打ち勝った理由
拡大する(全2枚)
現在はローリング・ストーンズの一員としてツアーを回っているロン・ウッド。ジミー・リードに捧げた最新ソロ・アルバムも発表したばかりの彼が、人生の秘訣と演奏する喜び、ストーンズやフェイセズから学んだことを大いに語る。

新型コロナによるロックダウン中の忙しさについて質問すると、ロン・ウッドは予期せぬ活動中止をそれほど気にしていないようなトーンだ。「1マイル離れたイギリスの田舎で過ごした。そこには自宅スタジオもあるよ。森の中を散策したり、アート作品の制作にかなり時間を費やしたね。この時間を一番有意義な方法で過ごしたよ」と、ローリング・ストーンズのギタリストであり、画家でもあるロンは答えた。

この活動停止中に小細胞がんとの闘いに勝つための時間もあったとは言え、74歳のロンは絵の制作と、いつくかの音源でのギター演奏の時間も作った。一つはストーンズのリイシュー版『Tattoo You』で、もう一つはリリース日未定のフェイセズの新作。「ロックダウン中に1カ月かそこらの間、完璧に記憶の彼方に行ってしまっていた曲や、後回しになっていた曲をもう一度プレイするってのは冒険みたいだった」と、Zoom越しのロンが答えた。このインタビューが行われたのはチャーリー・ワッツが他界する1カ月前のことだ。「俺は思ったよ、『ああ、これをやるなら今だな。全部、時間なんて関係ない曲ばかりだから』ってね」と、彼は続けた。

また、9月17日リリースの新しいソロ・アルバム『Mr. Lack – A Tribute to Jimmy Reed: Live at the Royal Albert Hall』の準備中に、他のミュージシャンの不朽の音楽をじっくり検証する時間もあったと言う。このアルバムは2013年に行ったコンサートの模様が収録されていて、70年代半ばまでストーンズを支えた、ギタリストのミック・テイラーも一緒に演奏している。さらにゲスト参加しているのはポール・ウェラー、シンプリー・レッドのミック・ハックネル、ボビー・ウーマック。ちなみにウーマックは翌2014年に他界している。「あのコンサートは彼の最期のライブの一つで、大切で、愛おしいよ」とロン。

この記事の画像

「ロン・ウッドが語るストーンズからの学び、人生の秘訣、がんの恐怖に打ち勝った理由」の画像1 「ロン・ウッドが語るストーンズからの学び、人生の秘訣、がんの恐怖に打ち勝った理由」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク