大橋トリオ、2022年2月上映アニメ『フルーツバスケット -prelude-』主題歌担当
拡大する(全2枚)
大橋トリオが、2022年2月18日より全国にて上映予定のアニメ『フルーツバスケット -prelude-』の主題歌を担当する。

映画のために書き下ろされた楽曲は「虹とカイト」。大橋トリオなりのフルーツバスケットを表現している。

関連記事:大橋トリオ、全国ツアースタート 最新アルバム『THUNDERBIRD』収録曲も披露

『フルーツバスケット』(原作・高屋奈月)は『花とゆめ』(白泉社)において、1998年から2006年まで連載された少女漫画で、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化され、3年に渡りテレビ東京ほかにて放送された。

そして、2022年2月18日より、TVシリーズ総集編に新作映像を加えた『フルーツバスケット -prelude-」が全国の劇場にて上映されることが決定。また、舞台『フルーツバスケット』も同年3月4日より上演予定となっている。

・大橋トリオ コメント:
素直に日本や海外でも人気な作品に関わらせていただき大変光栄です。ありがとうございます。
コンテなどを頂いて大橋トリオなりの解釈で自由に主題歌を仕上げて欲しいとのことで、ストリングスは絶対入れたいと思っていました。
試行錯誤をして期待に応えられるようなものになるか心配もありましたが、レコーディングを終えたときにその心配は無くなりました。
大橋トリオなりのフルーツバスケットを表現できたと思います。

この記事の画像

「大橋トリオ、2022年2月上映アニメ『フルーツバスケット -prelude-』主題歌担当」の画像1 「大橋トリオ、2022年2月上映アニメ『フルーツバスケット -prelude-』主題歌担当」の画像2