菅田将暉が語る、ものづくりの原点
拡大する(全2枚)
2020~2021年にかけ、さまざまなミュージシャンと制作を重ねてきた菅田将暉がここまでの作品をまとめ、”菅田将暉 2020-21 SONGS『COLLAGE(コラージュ)』”としてリリースした。今回に限らず、あらゆるクリエイターと垣根を越えて自由にものづくりを楽しむ印象の強い菅田に、この2年間に感じていたことや人と共作して遊ぶことから得ているもの、すなわち”コラージュ”の楽しみについて訊いた。

【写真を見る】菅田将暉(撮り下ろしカット)

コラージュから浮かび上がってきたもの

ー今回のアルバムタイトルは”COLLAGE(コラージュ)”。これに決めた理由などあればそこからお伺いしていきたいと思います。

菅田 コロナ禍の2年間、いろんな人と会えない状況のなか唯一進んだことが音楽でした。僕自身、俳優業も止まり、外に出るのはラジオくらいという状況下でも、裏で音楽の作業だけはできている、というのはやっぱり自分にとって救いだったし、そうやっていろんな人とコラボした曲が気付けば結構たまってきたな、というのがあって。これまでにも楽曲提供していただいているものはたくさんあるけど、それと、一緒に歌ったり制作もしたりっていうのはやはりちょっと違う作業だったりもするので、「なんかそこは一個残したい」という気持ちがありつつ。あと、今回のジャケットのアートワークは、友人のオオイシユウスケというカメラマンに手掛けてもらっていて。彼がコロナ禍に暇で始めた手法がコラージュだったんですよね。普通に友達だから「最近時間あるよねえ。何してる?」みたいな話になった時に、「こうやって写真をもとにしたコラージュを遊びでやってる。何か新しい武器になればいいなと思って」って見せてくれて、「え、これもう遊びのレベルじゃないと思うよ?」って僕からは伝えたりして。そういうエネルギーっていいなあとか、友人のそういう行為に励まされる感じも自分の中で印象的で、この2年間をまとめるとなった時に、自然とこのジャケットはユウスケにお願いできたらって思いました。

この記事の画像

「菅田将暉が語る、ものづくりの原点」の画像1 「菅田将暉が語る、ものづくりの原点」の画像2