Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀
拡大する(全6枚)
デビュー45周年を迎えたCharが、2021年12月に武道館で開催した記念ライブを収録したDVD/Blue-ray『Char 45th Anniversary Concert Special at Budokan Tokyo』をリリースした。同ライブにゲスト出演したギタリスト・春畑道哉も、4月27日にニューアルバム『SPRING HAS COME』を発表。同作に楽曲提供&演奏で参加したChar。ここ数年、急接近を果たしている二人のスーパーギタリストが、ギター、音楽の本質についてユーモア全開で語り合った。

【写真を見る】Charと春畑道哉

春畑:最近、Charさんと演奏でご一緒する機会があるんですが、Charさんがチューナーを使ってるのを見たことなくて。

―それは昔からなんですか?

Char:そもそも昔はチューナーなんてなかったから(笑)。

春畑:でも、あれはすごいですよ。デビュー45周年の武道館のステージ(2021年12月11日開催)でもMCをしながらチューナー無しで合わせるじゃないですか?

―MC中だけではなく曲の最中にもチューナー無しでチューニングする光景が何度もあって。あれは感覚ですか?

Char:そう。けど昔の人はみんなそうでしょう?

春畑:あれはやっぱりびっくりしますよね。

―曲の締めの一音前にチューニングして、最後でジャーン!で狂わないんだと驚きました。

春畑:あれでダーンって濁ってたらめっちゃ面白いのにと思って。

この記事の画像

「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像1 「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像2 「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像3 「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像4
「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像5 「Charと春畑道哉が語る、理性と感性で考えるギタリストの流儀」の画像6