サポート終了のコレガ製無線LANルータ「CG-WLR300NM」に複数の脆弱性(JVN)

       
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月8日、株式会社コレガが提供する無線LANルータ「CG-WLR300NM」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは6.8。三井物産セキュアディレクション株式会社の塚本泰三氏が報告を行った。

「CG-WLR300NM ファームウエア 1.90 およびそれ以前」には、OSコマンドインジェクション(CVE-2017-10813)、およびバッファオーバーフロー(CVE-2017-10814)の脆弱性が存在する。JVNでは、同製品はサポートが終了しており、対策版ファームウェアのリリース予定がないため、使用しないよう呼びかけている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月11日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。