セーブデータの改造代行で摘発、改正不正競争防止法の施行後初(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は7月1日、新潟県警察、神奈川県警察が同日までに、ニンテンドー3DS用ゲームソフトおよびPlayStation4用ゲームソフトのセーブデータの改造代行をしていた男性らを、ゲームソフトのセーブデータに施された技術的制限手段を回避する役務を提供したとして、不正競争防止法違反の容疑でそれぞれ摘発したと発表した。

男性らは、インターネットオークション・インターネット販売サイトにおいて「最強データ」などと説明・出品した上でセーブデータの改造代行を行い、購入者に代わってニンテンドー3DSおよびPlayStation4のゲームソフトに施された技術的制限手段を回避するサービスを提供したとして、改正不正競争防止法を適用した初めての摘発となった。

改正不正競争防止法は2018年11月29日の施行により、技術的制限手段の保護対象として、従来から対象であった映像やプログラムに加え、「データ(電磁的記録に記録された情報)」が追加された。これにより、ゲームソフトのセーブデータを改造するツールやプログラムの譲渡、セーブデータの改造代行、ゲーム機器の改造代行を行うことも不正競争行為と定められている。

元の記事を読む

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月2日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。